生活支援学科 生活支援学専攻

人に寄り添う人。社会を導く人。

こんな資格がめざせます

  • 社会福祉士
  • 介護福祉士(介護福祉士コースのみ)
  • 精神保健福祉士
  • 高等学校教諭一種(福祉)
  • A.D.I(エアロビック・ダンスエクササイズ・インストラクター)
  • 健康運動実践指導者
  • 障害者スポーツ指導員(初級)
  • レクリエーション・インストラクター
  • 社会福祉主事(任用資格)

2つの国家試験の受験資格が取得可能

  • 「社会福祉士」と「介護福祉士(介護福祉士コースのみ)」
  • 「社会福祉士」と「精神保健福祉士」

活躍できるフィールド

福祉の専門家は企業にとっても重要

社会福祉協議会や社会福祉施設、医療機関や介護施設、福祉事務所などをはじめ、福祉関連産業、住宅メーカー、サービス業など高齢社会への対応を迫られている企業や、官公庁、大学院進学などの幅広い進路が待っています。

  • 福祉事務所
  • 社会福祉協議会
  • 社会福祉施設
  • 医療機関
  • 児童相談所
  • 福祉関連産業
  • 一般企業(医療福祉分野、住宅メーカー、サービス業 など)
  • NPO
  • 官公庁
  • 大学院進学 など

身につく主な社会人基礎力

  • 傾聴力
  • 柔軟性
  • 課題発見力

社会人基礎力とは、経済産業省が提唱する「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」をあらわす概念です。

人間性豊かな地域福祉のリーダーへ

最新の介護技術、医療現場との連携、心のケアなど、豊かな知識と高い技術を身につけることができます。人の役に立つというやりがいを通して人間的にも成長できます。

キャリアの取り組み

社会福祉士・精神保健福祉士資格取得および専門性を高めるための勉強会

国家資格である社会福祉士と精神保健福祉士は、社会福祉の専門職として、幅広い知識と高度な専門性が求められています。これらの社会的な要求にこたえるために、4年生を対象に、通常の授業だけでなく、学生が自主的に参加できる勉強会を開いています。

この勉強会では、社会福祉士や精神保健福祉士の養成に使われるテキストを使用して、これまでに学んできた多くの分野の総合的な復習を行うとともに、自分が苦手とする分野を明らかにして重点的に学習するための小テストを実施しています。

また、「何のために資格を取るのか」「将来どんな専門職になりたいのか」「専門性を高めるためにはどんな勉強をしておくべきなのか」といった学習の意義や目的を再認識するためのグループ面接や個人面接も行っています。

このような勉強会のほかにも、合格率が20~30%という難関の国家試験に合格するため、全国公開模擬試験を大学内で実施したり、課外講座として外部の専門家を講師に招いての国家試験対策講座を開講しています。

専門性を高める勉強会と、こうした実践的な試験対策講座を併せて学ぶことで、大きな相乗効果が期待できます。平成24年度実施の国家試験の合格率は、社会福祉士が42.9%、精神保健福祉士が66.7%という、全国平均を上回る結果となり、多くの学生が資格を取得して卒業し、社会福祉の現場で活躍しています。

社会福祉士試験 合格率

平成24年度実施
生活支援学専攻 42.9%
全国平均 18.8%

精神保健福祉士試験 合格率

平成24年度実施
生活支援学専攻 66.7%
全国平均 56.9%

インターンシップ(精神保健福祉専門実習A・B)

精神保健福祉士の仕事は、入院・外来患者の相談業務や入院している患者の退院に向けた支援、家族や作業所との連携や調整、行政上の手続き、さらには不登校や摂食障害、DV、依存症、認知症など、全ての年代における心の問題から生きにくさを感じている人々に対して、「生活の支援者」として関わっていくことが求められています。

精神保健福祉士を目指す学生は、3年次に医療機関と地域の障害福祉サービス事業を行う施設等において、合わせて約1か月の現場実習を行いますが、希望者は精神保健福祉専門実習A・Bの授業で、3年次実習の学びをさらに深め、就職先や卒業後の進路をよりよく知り考えることを目的に、インターンシップ活動を行っています。これまでの受講生も、精神科クリニック、病院、地域活動支援センターなど自分の関心に合わせた実習先でインターンシップをし、その経験を就職に活かしています。

国家試験対策学習室

国家試験の受験勉強のための学習室を設置し、そこでのグループ学習も実施しています。学習室には、受験ワークブック、過去問題、参考書、テキスト、社会福祉学用語辞典、白書類もそろえており、誰でも利用できるようにしています。国家試験受験に向けては、個人で勉強することももちろん大切ですが、グループ学習で互いに教えあったり、励ましあったりすることで一層モチベーションが高まり、学力向上が望めます。今後、学習室の拡充やテキストなどのさらなる充実、コンピュータを利用した多様な学びなど、学生にとってより適切な学習環境を整備する予定です。