食環境科学部の教育方針(ポリシー)

各学科の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

食環境科学科フードサイエンス専攻は、生命科学の視点から食を考え、最先端のバイオテクノロジーを基礎に食育から食の安全・安心に至るまでの総合的な知識と技術を教授しています。
以上の観点から本専攻は、食育・食文化、食品の機能科学、栄養・健康科学、食の安全、あるいは食品に関わる社会問題に興味を持ち、食を取り巻く諸問題に対して積極的・意欲的に解決したいと考えている人を求めています。

求める学生像
  1. 食と健康あるいは食の安全など食に関する諸問題に関心を持っている人
  2. バイオテクノロジーの先端技術を活用して、食品の機能性・安全性を探求するため、「生物」、「化学」といった基礎科目を意欲的に勉学する人
  3. 常に自ら積極的に学ぼうとする強い意欲がある人
  4. 本学科で学んだことを活かして社会に貢献したいという目的意識と向上心のある人
  5. 勉学だけでなくサークル活動等を通してリーダーシップを発揮できる人
  6. 海外で生命と健康、食の安全・安心に係る分野で活躍したい人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

  1. フードサイエンス専攻では、化学や生物を初めて学ぶ人にも十分学習できるカリキュラムを編成し、食品の機能科学、栄養・健康科学、食品の安全、あるいは食育を通した食文化の維持・向上などの専門知識を系統的に教授しています。また、基盤教育科目に社会人基礎力の育成のための科目や短期海外研修科目を配して、キャリア形成支援とグローバル人材の育成を行うとともに、正しい倫理観をもった技術者を育成するための科目を配して、物の見方、考え方をしっかりと身に付ける教育を行います。
  2. 2年次からは、将来の目標に添って専門性を高める教育を行なっています。食品を健康と関連づけて探求したい学生は、「食」を通して「いのち」を考え、食品の機能科学・栄養、健康科学を中心に学習することで、健康の視点から食をコーディネートする総合力の修得を目指します。食品の機能性を化学的に探求したい学生は、先端バイオテクノロジーを基礎に、食品機能と安全、未利用食資源の有効活用、最新の分析技術を学習し、食品の安全を高度に追及できる食品技術の修得を目指します。
  3. 「食」の視点から「生命・人間」を総合的に理解し、高い倫理観を持って社会活動に参画できる人材を育成するため、生命哲学、技術者倫理に関する科目を教授しています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

食を通じて健やかな生命を育み、質の高い暮らしを実現するためには、生命の維持に必要な「食」の視点から生命科学を学び、生命科学の視点から「食」について考える必要があります。本専攻では高度な倫理観と広い視野をもち、生命と健康、食の安全・安心に関わる専門技術や実践力、総合力を修得し、食の安全に関する専門的知識と技術、技能を学び、食品関連分野で社会に貢献できるグローバルな食品技術者としてふさわしい能力を身に付けていることを学位授与の要件とします。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

食環境科学科スポーツ・食品機能専攻は、生命科学の知識を基礎に、栄養学、食品学、衛生学、人体の構造と機能、健康増進のための運動と食品が持つ機能(栄養)の関係を学び、身体活動に伴う食事・栄養の摂り方などの専門知識を修得し、栄養科学を熟知した人材の養成を行います。以上の観点から本専攻は、スポーツなどの身体活動に関連した食品の栄養学的機能に興味を持ち、実践的栄養管理を用いて食品機能学、スポーツ栄養科学を熟知した食品技術者になりたいと考えている人を求めています。

求める学生像
  1. 食と運動に関心を持っている人
  2. バイオテクノロジーの先端技術を活用して、食品の機能性や運動生理学を探求するため、「生物」「化学」といった基礎科目を意欲的に勉学する人
  3. 常に自ら積極的に学ぼうとする強い意欲がある人
  4. 本専攻で学んだことを活かして社会に貢献したいという目的意識と向上心のある人
  5. 勉学だけでなくサークル活動等を通してリーダーシップを発揮できる人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

  1. スポーツ・食品機能専攻では、化学や生物を初めて学ぶ人にも十分学習できるカリキュラムを編成し、基盤教育科目に社会人基礎力の育成のための科目や短期海外研修科目を配して、キャリア形成支援とグローバル人材の育成を行うとともに、正しい倫理観をもった技術者を育成するための科目を配して、物の見方、考え方をしっかりと身に付ける教育を行います。
  2. 2年次からは、生命科学を基礎として食品の機能科学、栄養・健康科学、人体の構造と機能、スポーツ生理学、スポーツ栄養学、運動生理学などの専門知識を系統的に教授し、栄養管理の実践手法を理解し、食品機能科学、スポーツ栄養科学を熟知した食品技術者として専門性を高める教育を行います。
  3. 「健康」、「栄養」、「スポーツ」を総合的に理解できるよう科目を配置し、教育を行います。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

生命科学の基礎知識に立って、総合的に「健康」、「栄養」、「スポーツ」を理解し、栄養管理の実践的手法と健康科学、運動生理学を身に付け、食品機能科学、スポーツ栄養科学を熟知した食品技術者としての専門性や、この知識を活かして社会の課題に対して積極的に問題解決する能力を有することを学位授与の要件とします。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

生命科学の基礎知識に立って、健康と食との間をつなぐ専門的知識と技術を修得し、医療・福祉・栄養行政・食品・スポーツ等の分野の専門職を目指す管理栄養士として、社会に貢献したいと考えている人、また、国内だけでなく海外での社会貢献を積極的に考えている意欲のある人を求めています。

求める学生像
  1. 高等学校までの基礎的学力を有し、社会性を身につけている人
  2. 本学科が管理栄養士としての専門的知識・技術を修得する場であると理解し、努力できる人
  3. 食と栄養に関心を持っている人
  4. 社会における食料、資源、環境、健康に関する問題に関心を持つと同時に、様々な事象について考察し、自分の考えをまとめることができる人
  5. 本学科で学んだことを活かして社会に貢献したいという目的意識と向上心のある人
  6. 国内外を問わず、管理栄養士として活躍し、将来的にはその指導的な役割を担う意欲がある人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

  1. 健康栄養学科では、基盤教育科目に社会人基礎力育成のための科目や短期海外研修科目を配して、キャリア形成支援とグローバル人材の育成を行うとともに、倫理観をもった管理栄養士を育成するための科目を配して、物の見方、考え方をしっかりと身につける教育を行います。
  2. 専門基礎科目分野では、生命科学を基礎として社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康を学び、講義および実験実習を通して、専門知識の基礎を養います。専門科目分野では、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論の講義および実験実習を通して、専門知識を修得し、学外で実施する臨地実習にて専門的知識及び技能の統合を図ります。
  3. 最新バイオテクノロジーの実践的知識を学ぶ科目、スポーツと栄養の関連について学ぶ科目を選択科目に導入し、管理栄養士としての幅広い知識とより専門的な能力を養います。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

  1. 生命科学の幅広い知識を基盤とし、管理栄養士に必要な人体・食品・代謝・衛生等の基礎的知識と、行政・学校・病院・給食施設等の職場で働くにあたっての実践的知識・技能を有していること。
  2. 国民の健康づくり、子供の食育、高齢者の介護、アスリートの栄養管理、傷病者の疾病治療、機能性食品の開発等に携わり、人々の健康維持・増進のために主体的かつ協調的に取り組み、社会に貢献できる能力を有していること。