食環境科学科 スポーツ・食品機能専攻

動く、食べる、生きるを支える。

高橋研究室(高橋珠実 准教授)

心の健康、運動と健康、食と健康、環境と健康、健康スポーツ科学、老化とその予防

紙飛行機は多くの人たちに遊びとして楽しまれ、紙飛行機競技は世界大会まで開かれるスポーツ競技として位置づけられています。紙飛行機遊びや紙飛行機競技を様々な角度から検討し、健康教育の一教材としての価値や利用方法の開発などを行っています。健康スポーツや健康教育に関わる内容の研究として、精神保健や健康の維持・増進などをねらいとする紙飛行機を用いた運動に注目し、年齢に関係なく人々を魅了する紙飛行機が競技者の生活や健康に与える影響について検討を行っています。また、健康教育を考える上で紙飛行機を用いた運動は、多くの効果が期待されています。その紙飛行機を使い、軽スポーツとして大学の授業で行うことによって、大学生に与える影響はどのようなものなのか、紙飛行機の授業が学生に与える影響について検討を行っています。さらに、大学の授業で紙飛行機遊びを行うことで大学生のストレス度がどのように変化するのかを調査し、紙飛行機遊びによる大学生のストレス軽減効果を検討しています。

環境と健康に関する研究では、子どもの生活空間の放射線量率の測定の重要性を考え、公園・運動場、保育園、学校、登山道等の放射線量率の測定を行っています。 また、内部被ばくの影響についての研究も行っています。

この研究室を希望する方へ

近年の社会環境や生活環境の急激な変化は子どもだけでなく、大人の心身の健康にも大きな影響を与えています。この研究室では、人の健康に関わる研究を乳幼児から高齢者までを対象に幅広く行っています。この分野は、人がイキイキとした人生を送る上で、とても重要な分野だと考えています。心の健康、運動と健康、食と健康、環境と健康、健康スポーツ科学、老化とその予防等について興味のある学生、探究心のある学生を望みます。