経営学科

企業の課題を読み解き、解決策を導く。

こんな資格がめざせます

  • 中学校教諭一種(社会)
  • 高等学校教諭一種(地理歴史・公民・商業)
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 中小企業診断士
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引主任者
  • 日商簿記1~3級
  • 販売士
  • 統計検定
  • 社会福祉主事(任用資格)

活躍できるフィールド

経営の知識は大きな強み

中小企業診断士、会計士、税理士などの資格取得や、実社会で通用する専門知識と能力を生かし、卸売・小売業、金融・保険業、サービス業、情報通信業など、さまざまな業界でスペシャリストとして活躍できます。

  • 流通・小売業
  • 中小企業診断士
  • 経営コンサルタント
  • 店舗・企業経営者
  • 商品企画・開発
  • 証券アナリスト

身につく主な社会人基礎力

  • 働きかけ力
  • 計画力
  • 柔軟性

社会人基礎力とは、経済産業省が提唱する「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」をあらわす概念です。

知識と実行力、そしてリーダーシップ

多角的・体系的な経営学の知識と、国際化・情報化が進む現代社会において、環境の変化に対応できる力を備え、さまざまな組織でリーダーシップを発揮することが目標です。

キャリアの取り組み

資格取得支援講座(公認会計士・中小企業診断士・簿記)

経営学と深い関連を持つ資格はいくつかあります。その中でも頂点ともいえるものに「公認会計士」と「中小企業診断士」があります。また「簿記」は、一般企業への就職を目指す学生にとって価値が高い資格といえます。これらの資格は、授業と課外講座をうまくリンクさせることで、取得のための効率的な勉強が可能となります。

公認会計士
監査と会計の専門家であり、社会的ニーズが高い資格の一つです。この公認会計士資格取得を目指す学生のために、「公認会計士挑戦者のための簿記検定3級・2級講座」「公認会計士短答式試験講座」が開講されています。これらに加え、「会計特別研究室」が用意されています。ここは、公認会計士・税理士を目指す学生の勉学・情報交換の場となっています。
中小企業診断士
中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家で、その能力を持つ者に対して付与される国家資格専門家です。資格の取得には社団法人中小企業診断協会が実施する1次試験に合格することがまず必要となりますが、これに向けて、約1年間にわたる課外講座を提供しています。その他にも、導入学習の支援(経営学検定初級講座)や専用自習室の提供をしています。
簿記
日本商工会議所主催簿記検定は、各種検定試験の中でも受験者が非常に多く、また有用な資格試験のひとつです。課外講座「ビジネスパーソンのミニマムスキル簿記検定3級・2級講座」は、主として一般企業に就職する学生のためのキャリア支援です。