合格者の方へ

海を越えて学ぶ、あなたのために。

東洋大学でのグローバルな学び

キャンパス紹介

白山、赤羽台、朝霞、川越、板倉

一人ひとりが描く成長という軌跡。

Student Voice・就職実績

奨学金・学生寮・アパート

奨学金や教育ローン、学生寮・アパート紹介などをご案内します。

詳細はこちら

学長メッセージ

合格おめでとうございます。

東洋大学の入学試験に合格された皆さん、おめでとうございます。これまでの皆さんの努力が実り、無事、合格の栄冠を勝ちえたことに、心よりお祝い申し上げます。今はきっと、この東洋大学において学んでいくことに、大きな期待を抱いていることでしょう。今後の学修期間に、皆さんがどれだけ成長するか、教職員も楽しみにしています。

東洋大学は、明治20(1887)年、哲学者の井上円了先生が開設した「私立哲学館」に起源を持ち、かつては文学部一つほどの大学でしたが、戦後、着実に発展し、今では日本の私立大学のなかでも有数の総合大学に成長しました。

皆さんが入学する平成29(2017)年には、新たに3 学部・5 学科を開設するとともに、北区赤羽台の地に新キャンパスが誕生します。これによって、創立130周年を迎える節目の年に、13学部50学科・専攻、12研究科44専攻を擁する総合大学として新たなスタートを切ることとなり、白山・朝霞・川越・板倉・赤羽台の5 つのキャンパスにおいて教育・研究活動を展開することになります。さらに、板橋区の清水町には総合スポーツセンターがあります。海・山のセミナーハウス等も充実しており、ゼミやサークルの諸活動に利用されています。パソコン教室の拡充や図書館のラーニング・コモンズの設置、実験棟や体育館等の整備もかなり進んでいます。皆さんにはこれらを積極的に活用していただき、本学でのキャンパスライフを実り豊かなものにしていただきたいと思います。

東洋大学は現在、「哲学教育・国際化・キャリア教育」の3 つの柱を教育活動の重点目標に掲げています。特に平成26(2014)年には、文部科学省による「スーパーグローバル大学創成支援」に採択され、グローバル人財の育成に全力を注いでいます。今日の日本社会は国際的なネットワークの中に組み込まれており、今後、社会に出て活躍するには国際的な感覚・視野・常識が必要になります。このボーダレス化した地球社会を生き抜くためには、基礎学力・専門能力を養うとともに、語学力、社会人基礎力、異文化理解・活用力、自国の伝統文化理解・発信力などを身につけることが求められています。こうした状況をよく認識して、留学や海外研修などへの参加も含め、多方面において自己を大きく成長させていってほしいと思います。その際、教員・職員・先輩らの親身なアドバイスに虚心に耳を傾け、友人や仲間と切磋琢磨しあっていけば、意義深いキャンパスライフを送ることができるでしょう。

創立者・井上円了先生は「哲学」を重視しましたが、このことは偏見や先入観を超えて、物事の本質に向かって自ら深く考察することの大切さを訴えるものでもありました。皆さんも、安易に世の流れに随順するのではなく、自ら考え、判断し、行動することができる人間となるよう、自己を磨いていってほしいと思います。高邁な教育理念と深い伝統を有するこの東洋大学に学ぶことに誇りを抱き、自己の人生を自ら力強く切り拓いていってください。皆さんの大学生としてのご健闘を、ひとえに祈念しています。

東洋大学 学長 竹村 牧男