日本には、千年以上前に建てられたものをはじめ、古い木造の建築物が多く残っています。国はそれらの建物を文化財として指定し、「適切な状態での保存・継承を図る」「多様な手法を用いて積極的な公開・活用を行い、広く国民が文化財に親しむ機会を充実する」としています。大和・平安時代には、インド、中国、朝鮮半島を経て北伝仏教と共に建築技術として寺を造る社寺建築が伝来しました。安土桃山・江戸時代になると、気候風土、生活文化に即して発展してきた日本独自の建築文化で盛んに住宅が建てられ、神殿造りや書院造りが様式化されました。そして明治維新後、明治・大正にかけて、欧米から伝えられた建築構法による和と洋の混在や大規模化が進むと、旅館やホテル、迎賓館などが建てられるようになったのです。こうした建築物の保存と活用を実践するため、実際にキャンパス内に鉄骨の住宅と伝統的な作り方で木造住宅を建て、変形させ一度解体をして再築し、建物の性能の変化などを調査しました。2階を想定した住居の1階部分と重りを振動台に乗せて調査し、古い建物に耐震要素としてどのようなものを組み込んだらよいかを考えながら、柱や梁、壁がどのくらい耐えるのかを確認し、開発につなげました。実際に見て触って実践することは、歴史の1ページに自分自身を登場させることであり、建築を通して公益に貢献し、古い建物を未来に残していくことにつながります。木造建築学を学んで、建築の教養・哲学・実践力を修得しましょう。

pf-matsuno.jpg

松野 浩一教授理工学部 建築学科 構造設計+木造建築研究室

  • 専門:建築構造、大スパン構造、木質構造、大スパン木質構造、高層建築の地震対応設計
  • 掲載内容は、取材当時のものです