価値観、ライフスタイル、消費の特徴などに関する、さまざまな調査結果や評価によると、今の20代の若者たちは、とても堅実な生活をしているということが、多くのデータで示されています。「将来が不安、お金をかけないながらも、自分の体験や思い出を大切にしている人」「堅実だと思われたい人」が20代の6割を占めるというデータもあります。また、25歳未満の世帯主の消費支出を見ると、1989年を100としたとき、2014年は63でした。堅実派は学生時代から貯金をし、なるべくお金をかけない生活を心がけるだけでなく、せっかくお金を使うなら、確実に楽しみたいため、安定の仲間と安定の店で過ごします。また、行く前から、情報収集などで楽しみ、行って楽しみ、帰ってきてからSNSなどでもう一度楽しむ、といったスタイルです。しかし、「自分を信じて、自分に投資をする」という生活もあることを伝えたいと思います。では「自己投資」とはどのようなことでしょうか。習い事や資格取得、ダブルスクールや大学卒業後の進学だけでなく、海外留学や旅行など、行ったことがないところへ行く、美術館や博物館へ出かけ、見たことがないものを見る、本物を見る、食べたことがないものを食べる…など広く考えてみましょう。みなさんはどちらに近いですか?

ph-sumiya.jpg

住谷 宏教授経営学部 マーケティング学科

  • 専門:チャネル戦略、流通理論
  • 掲載内容は、取材当時のものです