歴史を学ぶ際、丹念に史料を読んで考えることで、常識とは異なる自分自身の認識を持つことができます。このことを、織田信長が目指した「天下布武」を例に考えてみましょう。
「天下布武」は、「全国を武力で統一する」という信長の野望だとされていますが、本当でしょうか。実際、信長が上杉謙信へ送った朱印状では、天下布武という言葉は友好関係の中で使われいます。当時、「天下」という言葉は全国を指すのではなく、しばしば京都を中心とした畿内を指していました。信長は、「天下」を管轄するのは将軍で、「天下」は将軍が京都にいて掌握すべきものと考えていました。それは、当時の書簡や書状から読み取ることができます。その中で信長は、自分が擁立した足利義昭が、畿内征服戦争の後に京都に入ってから数年間、天下は平和だったと語るように、「天下布武」は、畿内が将軍の下に服属することを言っているのです。実際信長が「天下布武」という朱印を使い始めたのは、足利義昭を擁立し、京都に入る準備が整ってからです。これは、不用意に宣戦布告をしているのではなく、この朱印を使い続けることで、畿内を治めた自分の功績をアピールしているのだということがわかります。
このように、歴史学における史料の解読によって、重要かつ面白いことがわかってくるのだと知ってほしいものです。

pf_kanda.jpg

神田 千里教授文学部 史学科

  • 専門:日本中世史

  • 掲載内容は、取材当時のものです