SDGs達成に向けて

「知の拠点」として、SDGs達成のためにすべきこと

地球規模の課題に、どう向き合うか

貧困や食糧危機、気候変動、感染症、そして格差やジェンダー不平等──。いま私たちを取り巻く課題は、ますます深刻な事態となっています。東洋大学は、この課題解決に貢献すべく、2021年に、「学校法人東洋大学SDGs行動憲章」を制定。SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて、全学をあげて様々な取り組みを進めています。

女性にも外国人にも
教育の機会をいち早く

哲学者・井上円了が1887年に創立した「私立哲学館」を前身とする東洋大学。庶民のための教育が一般的ではなかった時代に、「余資なく、優暇なき者」にも広く門戸を開き、「社会教育」と「開かれた大学」を目指し尽力してきました。その志は、130余年の歴史の中で様々なかたちで受け継がれています。
1916年には、日本の私立大学として初めて女子学生を受け入れ、共学化がスタート。その後は、外国人留学生の積極的な受け入れとサポートに注力、今日では、多様な国・地域の学生・教職員が本学に集い教育・研究にはげんでいます。
また、「働きながら学びたい」学生のための「第2部・イブニングコース(夜)」は、日本最大級の在籍者数をほこります。
さらに、全国各地で5,291回にも及ぶ講演を実施するなど、社会教育を推進してきた円了の熱意は、今日では講師派遣事業や公開講座として引き継がれ、全国の人々に生涯学習の機会を提供しています。

食、人権、エネルギー、水問題…
専門性を生かした研究・教育

2021年には、社会課題解決に研究を通して貢献すべく、学内公募型の研究助成制度「東洋大学重点研究推進プログラム」を創設。SDGsの達成に寄与しうる研究を支援しています。

さらにWebでは、「食の環境を考える」「教育現場へのアプローチ ─院内学級におけるフィールド研究─」「国際紛争解決における国際司法裁判所の意義」など、SDGsに関わる様々なテーマの授業も公開しています。