大学で学びたいこと、見つかっていますか?

果てしなく広がる学問の世界。
みなさんが興味ある分野、学びたいことは何ですか。
Web体験授業は東洋大学の全学部の授業を通じて学問の魅力を伝える動画コンテンツです。
好奇心をかきたてられる知の冒険へと漕ぎ出し大学で学びたいこと、見つけてみませんか。

おすすめのWeb体験授業動画
アクセス数の多い講義動画をご紹介します。

PB商品のマーケティング戦略 —企業間関係と価値共創—

安いだけではモノが売れない時代になり、今、ナショナルブランドと同じ品質ながらも、手頃な価格のプライベートブランドが売れています。取引をしている企業同士が集まり、メーカー、卸などの垣根を超えて、新たな価値を創造しているのです。また、価値共創活動に基づき、消費者をパートナーとする企業もあります。消費者に受け入れられるためのマーケティング戦略のあり方を学びましょう。

詳しくみる

犯罪心理学 犯罪の記憶を探るーポリグラフ検査ー

ポリグラフ検査とは、日本の犯罪捜査の中で広く活用されている、「記憶」を検出する心理検査です。心拍・呼吸・汗を指標とした生理反応と、無実の人では絶対に反応が出ないような多角的な裁決質問によって、犯人しか知り得ない記憶を検出できる、極めて検出成績の高い、犯罪心理学の最先端ツールなのです。心理学においては馴染みの薄い「生理反応」ですが、社会心理学の中では非常に重要とされています。

詳しくみる

最新の動画

未来社会にむけて「ICTを活用した教育」の可能性と課題を探る

新学習指導要領では、社会とつながる力を高めるための創造性やコミュニケーション能力の育成を重要視しています。なかでも、これからさらに広がりを見せるICTを活用した教育への期待は大きいものがあります。一方で、ICT学習を実施した学校において、子供たちの意欲や学習習慣などに高い効果が表れているにもかかわらず、先生たちはICTの導入に消極的であるというアンケート調査結果が出ています。グローバル化や情報化といった社会変動とICTによって、学校教育にはどのような可能性と課題が見えてくるのでしょうか。

詳しくみる

空き家率の高い町の持続可能なまちづくりを提案 ~建築学科×毛呂山町 空き家『提案』バンク展

埼玉県内でもっとも空き家率が高い毛呂山町で、どうしたら持続可能なまちづくりができるのか。
理工学部建築学科4年生と大学院理工学研究科建築学専攻の学生たちが、2017年4月から町と連携しながら進めてきたプロジェクトの最終成果発表として、7月下旬に「毛呂山版 空き家『提案』バンク展」が開催されました。町の実情を踏まえ、地域活性化を見据えた、実現性の高い提案の数々に町の関係者たちも大きな関心を寄せています。

詳しくみる