月別アーカイブ: 2015年3月

Web体験授業を公開しました。

「Web体験授業」は東洋大学の教員が、自身の専門分野に関する授業を通して、「学びの世界」を紹介する受験生向け動画コンテンツです。

専門的な知識を追求し、物事の考え方を身につけ、多角的な視点を持つこと。
生き方を考え、経験を通して成長していくこと。それが、大学の学びの面白さです。

今後、続々と最新の動画が公開されていきます。どうぞお見逃しなく!

3月28日(土)は、入試インフォメーションセンター「学びGallery」を閉室させていただきます。

皆様のご理解をお願いいたします。

東洋大学に開設されている「学びGallery」は、東洋大学や学びについて知りたい、入試情報を知りたい、大学生活について質問したいという、みなさんのための情報ステーションです。学生スタッフが一人ひとりに丁寧にご案内いたしますので、どうぞお気軽にお訪ねください。

オープン時間

月曜~土曜 9:00~17:00

  • ※:祝日、夏季・冬季休暇、大学休日等を除く
  • ※:事前予約は不要です。お気軽にお越しください。

世界の人口は2050年には90億人になると言われており、このままで深刻な食糧不足が予測されます。穀物生産量を増やすためには耕地面積か収量を増やす必要がありますが、耕地に適した土地がこれ以上増えることは望めません。そこで、イネの収量を上げる研究が行われた結果、見つかった遺伝子がTGW6、お米の粒を重くする遺伝子です。
イネは長い時間をかけて改良され、野生のものから現在のものになりました。これを「栽培化」と言います。栽培化によって望ましいイネを手に入れた反面、イネが本来持っていた多様性は失われました。
栽培化の過程で捨てられた遺伝子の中から見つけ出した有能な遺伝子、それがTGW6です。そして、TGW6細胞が壊れると胚乳細胞の数が増え、お米が長くなり、結果的に収量が増えるということがわかりました。
人間は体温が5度上がっただけでも生死に関わります。しかし、一度根づくと自ら移動できない植物は、周囲の環境に合わせて生命を維持する大きな機能を持っています。私たちは植物を利用しつつ、植物に対する理解をより深めていくことが必要です。

profile_0006_hirotsu.jpg

廣津 直樹准教授生命科学部 生命科学科 植物ゲノム科学研究室

  • 専門:植物生理学、植物栄養学、作物学、植物遺伝育種学

中国の詩人とは、読み書きができる「知識人」のことを意味します。そのため、恋愛について美しくうたえばよいというものではなく、詩は作者の「志」を表すものとされました。
とはいえ、昔の儒教社会の知識人は堅苦しい議論ばかりしていたわけではありません。ユーモアあふれる作品も数多く残しているのです。
たとえば、司馬遷が編纂した歴史書『史記』の「滑稽列伝」には、愛馬を大夫の格式で葬ろうとする王に対し、優孟という人物が「大夫の格式では貧弱だから王者の格式で葬ってください。そうすれば諸侯の方々が、王は人間を卑しみ、馬を尊ぶ人物だとわかるでしょう」と進言し、王が過ちに気づくという話があります。当時の「滑稽」とは、笑いの中に風刺を込めているという特徴がありました。
一方、風刺の役割を持たない詩もあります。妻への思いを「今頃、妻は私を思い出してくしゃみしていることだろう」というオチで表現した知識人もいました。
この授業では、1000年以上前の知識人の感性や個性を中国古典詩から読み取り、そのユーモアの片鱗に触れます。

profile_0009_sakai.jpg

坂井 多穂子准教授文学部 東洋思想文化学科

  • 専門:唐宋文学・文人論学

私たちが日常で当たり前のように排出しているごみ。そのごみには、処理する経費、環境にかかる負荷、リサイクルの可否など、目に見えない情報がたくさんあります。ということは、ごみの「見える化」が進むことは、ごみ減量の推進にもつながります。
処分ごみに出していたものが資源化可能であることがわかり、さらにごみを分別するきっかけがあれば、行動は起こしやすくなります。たとえば処分ごみが有料だったら、人々はおのずと資源ごみとの分別を細かく行うようになるし、ごみ自体の量も減るでしょう。
ごみ減量を目指す世界的な運動「ゼロウェイスト戦略」では、自然界から原材料を採取し製品を生産、それを消費するという“動脈”の流れよりも、リデュース、リユース、リサイクル、リデザインという4つのRによる“静脈”の流れが大事だと説いています。
では、日本でゼロウェイストを宣言している自治体は? 日本型の2R重視ゼロウェイトとは? すべてはごみの「見える化」から始まります。

profile_0008_yamaya.jpg

山谷 修作教授経済学部 総合政策学科

  • 専門:環境政策廃棄物政策

「お金を使う=物を買う」と考えがちですが、実はお金には、別の使い方もあります。
たとえば、刑務所を出所した人に対して勉強を教え技術を修得させ、長く続けられる仕事を見つける支援をする、そんなビジネスがあったとします。そのビジネスに投資できますか? そこに投資して何のメリットがあるのか、そう思うかもしれません。しかし、再犯率が下がり、治安がよくなるといった形で私たちに還元されるとしたらどうでしょう。これを「事業が実行されることで社会的価値がどれだけもたらされたのかを、貨幣価値に置き換えて示す社会的貢献度の大きさ」、つまり、ソーシャルインパクトと言います。
より豊かで安心できる社会にするためにお金を使うこともできるわけですから、金融とは「社会に役立つためのツール」なのです。お金の持つ本当の力について、より理解を深めていきましょう。

profile_0007_kawasaki

川﨑 健太郎教授経営学部 会計ファイナンス学科

  • 専門:国際金融、国際通貨、国際マクロ経済学

正しいトレーニングのプログラムを指導できる人が増えれば、トレーニング効果を感じられる人が増えます。それは高齢者の体力低下、子どもの運動能力の低下といった社会問題の解決にもつながります。
トレーニング指導をするためには、まずはトレーニングプログラムが作成できなければなりません。そこで、この授業ではスポーツトレーニングを考える実習として、学生たちに次のような課題を出しました。それは「対象者は高校生テニスチームの集団指導。上肢のスイングのみに頼らないヒッティングができるような体を作るのが目的。トレーニング期はプレシーズン後半」という設定で、テニス特有の動作を考え、どんなトレーニングが適切か考えて各チームでプログラムを作ってみるというものです。
学生たちは2つのグループに分かれてディスカッションした後、実際にそのトレーニングを試してみます。そして指導する側、トレーニングを受ける側とも、良かった点や反省点などを発表。さて、学生たちは与えられた課題に対し、適切なトレーニングをプログラムすることができたのでしょうか?

profile_0005_iwamoto.jpg

岩本 紗由美准教授ライフデザイン学部 健康スポーツ学科

  • 専門:アスレティックトレーニング学、コンディショニング

現在、国民の4人に1人以上が65歳以上である日本。平均寿命も男女とも80歳を超えており、世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えています。
誕生して約30年が経った介護福祉士は、他国に先駆けた世界最先端の専門職です。介護福祉士の仕事とは、従来の医療や看護、リハビリではカバーしきれない、非常に個別性が高いもの。地域との関係作りまで視野に入れた幅の広い生活支援を行います。
その人の生活に密着し、その人らしく生きることをサポートすること。いかなる状況にあってもその生活が継続できるよう支えること。これが介護福祉士の仕事であり役割です。
授業では、先生が学生時代に実習で行った先で、認知症の老人がみなベッドや車椅子にしばられていたことや、東日本大震災の後に石巻市で避難所が閉鎖されるまで介護福祉士として避難者と寝食を共にした経験なども紹介。これからは専門知識を活用した客観的で根拠のある「科学的な介護」が求められていくこと、「より専門性が確立」される時代になっていくことを予測します。

profile_0004_yagi.jpg

八木 裕子准教授ライフデザイン学部 生活支援学科

  • 専門:介護福祉学

ストレスとは、何らかの刺激によって生体に歪みが生じている状態をいい、細胞も人間と同じようにストレスによる悪影響を受けています。
ストレスの原因はストレッサーと呼ばれます。細胞のストレッサーには物理的、化学的、栄養飢餓、感染といったものがあり、これらによって細胞機能を妨げる活性酸素種、いわゆる酸化ストレスが増加します。細胞は、最初はストレスに対して適応しようとするのですが、ストレスが大きくなると適応できず細胞死、または異常繁殖します。
ところが細胞死する細胞は、死ぬ間際に周囲に細胞因子を放出し、それによってほかの細胞を保護してあげるという働きをします。実は、強い酸化ストレスは細胞死を招きますが、弱い酸化ストレスはかえって細胞死を抑制する効果があるのです。つまり適度なストレスが存在した方が、細胞にとってはいい状態であり、ストレスに強い細胞になっていくというわけです。
「適度なストレスがあった方がストレスに強くなる」。この細胞のストレス対応から、人間も学べるものがあるのではないでしょうか。

profile_0003_nedati.jpg

根建 拓教授生命科学部 応用生物科学科 動物細胞工学研究室

  • 専門:細胞工学、細胞生物学、内分泌学

ストレスにはネガティブなイメージがありますが、ストレスは人間が生きていくために必要な反応です。
人はストレスを感じると、血圧が上がったり脈拍が速まったり、といった「自律神経の反応」が起こります。これは自分の意志ではコントロールできないものですが、人間の体は血圧を維持させる「フィードバック・システム」という機能を持っています。
しかし、このシステムは事が起こってから機能するので、結果を待っていたら命に関わることもあり得ます。「ライオンに噛まれてからドキドキした」では手遅れでしょう? 人間はその時の状況、つまりストレスに応じた血圧に適応させる「フィードフォワード・システム」も備えているからこそ、現代まで生き永らえてくることができたのです。
暑い、寒いといった物理的なことでもストレスは起こります。それに反応しないということは、動物として生きることを放棄することです。ストレスは環境や状況の変化に対応しようとした結果であり、適度なストレスは人間に必要なもの。うまく付き合っていくことが大切なのです。

profile_0002_horiuchi.jpg

堀内 城司教授理工学部 生体医工学科 ニューロサイエンス研究室

  • 専門:脳・神経科学、ストレスの生体反応と調節

高校で学んできた力学は、物体の位置や速度、物体に作用する力を調べるというものです。一方、大学で学ぶ力学は、高校で学んだ力学プラス「物体の向きを調べること」が加わります。
機械工学の基礎科目は材料力学、流体力学、熱力学、機械力学の「四力学」で、何かを作ろうとするとき、必ずこの四力学が基礎となります。例えばロケットで考えてみると、材料力学でボディの強度を調べ、流体力学で空気抵抗を調べ、熱力学で熱エネルギーと推力を調べ、機械力学でロケットの運動を調べるといった具合です。また、作ったものを自分の思い通りに動かすためには、制御工学や計測工学も必要になります。
機械工学はすべての「ものづくり」のベースです。学ぶためには数学が不可欠なので、さまざまな問題を繰り返し解き数学の力を身に付けるようにしましょう。さらに機械工学の場合はそこに力学が加わるので、最低限、物理学で学ぶ力学の基礎はしっかり身につけてください。

profile_0001_fujimatsu.jpg

藤松 信義准教授理工学部 機械工学科 航空宇宙システム研究室

  • 専門:航空宇宙工学、高速空気力学、流体力学、画像処理

「フェアトレード」とは、弱い立場の生産者や労働者のために生まれた貿易パートナーシップのこと。しかし、この仕組みは本当に彼らのためになっているのでしょうか。
彼らには独自のコミュニティがあり、人間関係があります。たとえばフェアトレードの最も一般的な品目であるコーヒー豆では「農家」と「仲買人」という関係があり、そこに外部の人が作ったフェアトレードというルールが参入することで、それまでになかった摩擦が起こります。
フェアトレードの協同組合に売った方が割高になる年もあるのに、農家があえて仲買人に売る理由は? 以前は組合に加盟していたのに脱退しまう理由は?
文化人類学とは、研究者が実際に現地に住んで、その社会がどのようになり立っているのか研究する学問です。授業で取り上げるラオスのフェアトレードの事例も、相手の社会や文化を理解しなければ、答えは見えません。そうして導かれる結論は、インタビュー項目を作って数時間話を聞くだけでは決してたどり着かないものです。文化人類学の魅力とは、実際に現地で暮らして理解を深めていくところにあるといえるでしょう。

profile_0000_mino.jpg

箕曲 在弘講師社会学部 社会文化システム学科

  • 専門:文化人類学、東南アジア地域研究

2015年3月27日(金)、東洋大学の全4キャンパスで、”学び”LIVE授業体験を開催します。

当日は、4つのキャンパスで約100の授業を公開。
実際に大学で教鞭をとる教授陣が、大学進学を考えるみなさまに、学問の魅力をお伝えする授業体験イベントです。

入試イベントページでは、当日の授業時間割を公開しています。
興味のある分野、学科の授業を体験し、大学の学びの面白さにぜひ触れてみてください。

■”学び”LIVE授業体験 日時
開催日:2015年3月27日(金曜日)
時間:各キャンパス 10時より

マイページによる合格発表の公開開始時間は、合格発表日の11:00を予定しています。
合格発表予定時刻の前後は、アクセスが集中することが予想されます。そのため画面の表示が遅くなる場合があります。
このような現象が発生した場合には、しばらくお時間をおいてアクセスしていただきますよう、お願い申し上げます。

試験会場や集合時間等を受験票や入試要項で確認のうえ、時間に余裕を持って試験会場にお越しください。
なお、試験当日の交通機関の遅延等により試験時間の変更がある場合には、入試情報サイトにてお知らせいたします。

入学試験実施に伴い、以下のように入構措置(大学構内への入構禁止)をとらせて頂きますのでご注意ください。
解除の時間については、不測の事態(交通機関の遅れ等)により変更になる場合があります。

2015年2月


2月1日(日) 16:00まで

実施場所 白山キャンパス・朝霞キャンパス・川越キャンパス


2月7日(土) 終日

実施場所 白山キャンパス・朝霞キャンパス


2月8日(日) 終日

実施場所 白山キャンパス・朝霞キャンパス


2月9日(月) 終日

実施場所 白山キャンパス・朝霞キャンパス


2月10日(火) 終日

実施場所 白山キャンパス・朝霞キャンパス


2月11日(水・祝) 17:00まで

実施場所 白山キャンパス・朝霞キャンパス


2月26日(木) 終日

実施場所 白山キャンパス


2月27日(金) 16:00まで

実施場所 白山キャンパス

2015年3月


3月4日(水) 終日

実施場所 白山キャンパス


3月5日(木) 終日

実施場所 白山キャンパス


3月6日(金) 17:00まで

実施場所 白山キャンパス

その他、各キャンパスの事情により変更となる場合があります。

保存および印刷の際は、下記PDFをご活用ください。