1. Home ホーム
  2. ニュース
  3. TOP
  4. 【結果報告】第33回全日本ライフセービング選手権大会(千葉県御宿海岸)にて、サーフライフセービングクラブの学生が活躍
MENUCLOSE

【結果報告】第33回全日本ライフセービング選手権大会(千葉県御宿海岸)にて、サーフライフセービングクラブの学生が活躍

Read more

平成30年9月22日、23日に千葉県御宿海岸にて行われた、「第33回全日本学生ライフセービング選手権大会」へ、サーフライフセービングクラブに所属する学生が出場しました。

 

【入賞種目(個人)】

◎男子サーフレース

第5位 堀内敦貴(法4年)
 
(サーフレース:約170m沖合に設置した2つのブイを泳いで回り浜へ戻る競技。)

第33回サーフライフ1

(写真中央:堀内)

◎男子ビーチスプリント

第6位 富山正樹(国際地域4年)

第33回サーフライフ2

 

◎女子ビーチスプリント

第2位 佐藤里咲(法2年)
 
(ビーチスプリント:砂浜の直線コースを90m走る競技。)

第33回サーフライフ3

◎女子ビーチフラッグス

第6位 佐藤里咲(法2年)

入賞種目(団体)

◎男子ビーチリレー

第5位 
富山正樹(国際地域4年)、飯塚洋介(法4年)
数澤康貴(情報連携2年)、中里秀平(ライフデザイン3年)

 

◎女子ビーチリレー

第5位
神宮司好美(法3年)、中島里美(ライフデザイン3年)
田中柚香(経営3年)、佐藤里咲(法2年)
第33回サーフライフ4

◎BLSアセスメント

男女共にA判定(最高評価)
 
男子
ファースト:堀内敦貴(法4年)
セカンド:数澤康貴(情報連携2年)
 
女子
ファースト:神宮司好美(法3年)
セカンド:山本めばえ(国際地域3年)

 

 

総合順位

男子総合8位(クラブ史上初入賞)

第33回サーフライフ5

 

大会を終えて・・・

こちらには掲載されていませんが、決勝進出種目・進出者が上記以外に2名と3種目あり、クラブとして着実に成長が見える大会となりました。

 個人種目では、日本ライフセービング協会より選出されているハイパフォーマンスチームの堀内、佐藤の入賞が輝いていました。
 また、初の学生選手権出場ながら決勝に進出した2年野口、安定的に決勝進出を果たした3年野本と言った選手の活躍も見られました

 団体種目においては、昨年に引き続きビーチリレーにおいて今年はアベック5位入賞。
 また、前回のプール選手権より2大会連続でBLSアセスメントにおいて男女共にA判定であったことは、クラブとして、ライフセーバーとして誇らしいことです。
 男女共にA判定の大学は少ないため、クラブ員一同にとって大変喜ばしい結果です。

 さらに、クラブ史上初の8位入賞を果たせたことは大きな成果となりました。
 来年度は、男女共に入賞を目指してトレーニングに励んでいきます

 東洋サーフライフセービングクラブとして出場する大会は、今年度残り1回となります。また、次回大会を持って4年生は引退となります。
 昨年度よりもより良い結果をご報告できるようクラブ員一同精進いたしますので、引き続き応援をよろしくお願いします!

【ライフセービングについての詳細情報はこちら】

特定非営利活動法人日本ライフセービング協会(JlA)公式ホームページ http://jla.gr.jp/
東洋大学サーフライフセービングクラブwebページ:http://toyoslc.jimdo.com/

Read more