1. Home ホーム
  2. ニュース
  3. 社会連携
  4. オリンピック・パラリンピック連携事業
  5. 「外国人おもてなし語学ボランティア」講座 東京都連携講座実施報告
MENUCLOSE

「外国人おもてなし語学ボランティア」講座 東京都連携講座実施報告

Read more

【会 場】白山キャンパス R1507 R1404 R1202 

【実施日】2018年5月26日(土) 13時00分~16時30分(R1507、R1404)/14時00分~17時30分(R1202)   

【実施内容】

  2018年5月26日(土)に会場を3教室に分け164人(申込者数188名欠席24名)の本学学生が「外国人おもてなし語学ボランティア」おもてなし講義を受講した。

 今回、この外国人おもてなし語学ボランティア講座実施する目的は、英語に自信のない人達にも外国人の方々に声をかける勇気を持ってもらい「おもてなしの心」を都内全体に広めるためです。

 たとえば海外で道に迷った場合など、言葉も通じず、非常に不安になることがあると思いますが、その時、片言でも現地の人たちから声をかけられたらうれしく感じるのではないでしょうか。顔をそむけたり逃げたりするのではなく、勇気をだし「おもてなしの心」をもって接していただきたい旨の説明があった。

 講義冒頭では、資料動画(「外国人おもてなし語学ボランティア」、「澤の屋の“おもてなし”」)を2本視聴後、1時限目(75分)は「外国人とのコミュニケーションに関する基礎知識」を東京都から提供されたテキストをもとに講師が「4人グループジェスチャーゲーム」や「ロールプレイ」を取り入れながら講演を進め、2時限目(45分)では「知識や情報を駆使して問題解決する方法を学ぶ」と題して4人1グループのグループワークを(1)「道案内」(2)「交通手段」(3)「緊急時の対応」のように実施後、(4)として2人組にわけペアーワークを行った。3時限目(45分)で「ボランティア・スピリッツ」として「心に残るおもてなしと印象の悪いおもてなし」「おもてなし5か条」について4人1グループのグループワークを行った後、講義全体のまとめを行った。

 心に残るおもてなしの体験談としてR1507番教室の受講者からは、はじめてホームステイを体験した際に、不安一杯で部屋に入った時、ホストファミリーがWelcomeカードとお菓子を用意して温かく迎えてくれたことが本当に嬉しかったという話や、ホームステイ先で、普通は1週間に1回しか洗濯をしないのに自分のために、ホストファミリーが毎日洗濯をしてくれたなど様々な心温まる話が受講者から発表された。

 講義終了後、今回の講座を受講したことで、受講者の皆さんの「おもてなしの心」が東京の魅力向上に繋がっていくとおもいますので、機会があれば是非、勇気を出して声をかけてみてくださいと締めくくった。

【当日の様子】

 

Read more