1. Home ホーム
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 東洋大学スポーツ
  5. 東洋大学スポーツ
  6. トワイライト・ゲームスでウォルシュ選手が400m3連覇、津波選手が大会新で走幅跳優勝
MENUCLOSE

トワイライト・ゲームスでウォルシュ選手が400m3連覇、津波選手が大会新で走幅跳優勝

Read more

2018(平成30)年7月22日に開催された第14回トワイライト・ゲームスにおいて、陸上競技部のウォルシュ ジュリアン選手(健康スポーツ学科4年/2016リオ五輪400m・4×400mリレー出場)は、400mを46秒17の好記録で優勝して3連覇を果たしました。ウォルシュ選手は今年6月に開催された日本選手権400mで優勝し、8月のアジア大会への出場を決めています。

また、津波響樹選手(健康スポーツ学科3年/2017日本インカレ王者)が走幅跳で8m01の大ジャンプを見せ、大会新記録で優勝しました。津波選手は本大会の最優秀選手賞に選ばれています。

■入賞者一覧

 
400m優勝46秒17ウォルシュ ジュリアン選手(健康スポーツ学科4年)
4位47秒19吉津拓歩選手(健康スポーツ学科2年)
4×400mリレー2位3分07秒84櫻井朴也選手(総合情報学科4年)
池田仁選手(企業法学科4年)
松原秀一郎選手(企業法学科3年)
柴崎悠斗選手(企業法学科1年)
走幅跳優勝8m01津波響樹選手(健康スポーツ学科3年)

 

Read more