1. Home ホーム
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 東洋大学スポーツ
  5. 東洋大学スポーツ
  6. 陸上競技部・池田向希選手が競歩世界一の快挙
MENUCLOSE

陸上競技部・池田向希選手が競歩世界一の快挙

Read more

第28回世界競歩チーム選手権で池田向希選手が優勝

2018(平成30)年5月6日(日)、中国・太倉にて開催された第28回世界競歩チーム選手権において、本学陸上競技部の池田向希選手(経済学部経済学科2年)がシニア男子20kmで優勝し、世界一の快挙を達成しました。

池田選手
(写真提供:日本陸上競技連盟)

国際主要大会で初めて日本代表に選ばれた池田選手は、レース前半は先頭集団に食らいつき、後半にスパートをかけて1時間21分13秒で優勝。本大会の20km競歩で日本人初の金メダルに輝きました。本大会では、チームの上位3選手の順位を合計して争う団体戦でも優勝しています。

大会翌日の7日に帰国した池田選手は「勝負強さを出せました。素直にうれしいです」と語り、喜びを表しました。

なお、本学卒業生の松永大介選手(富士通所属、2017年理工学部卒業)も日本代表として本大会の20km競歩に出場し、懸命なレースを見せてくれました。

関連リンク

Read more