1. Home ホーム
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 経済学部
  6. 公共選択学会第21回学生の集いで、総合政策学科 川瀬ゼミが最優秀賞(加藤賞)を獲得
MENUCLOSE

公共選択学会第21回学生の集いで、総合政策学科 川瀬ゼミが最優秀賞(加藤賞)を獲得

Read more

2018128日から9日にかけて、淑徳大学千葉キャンパスにて「第21回公共選択学会学生の集い」が開催されました。

 

今年度のテーマは、3年生が「日本社会において、適切なガバナンスを可能とする制度をいかに設計していくべきか」、2年生が「AIを中心とした第4次産業革命の進展がもたらす社会経済への影響と規制のあり方」でした。

 

3年生は12大学19ゼミ36パート、2年生は7大学10ゼミ14パートが参加し、プレゼンテーションと論文に関して総勢30名以上の専門家による厳正なる審査が行われました。

  その結果、川瀬ゼミ3年ブキャナンパート(土原優生・山田理穂)が最優秀賞(加藤賞)を受賞しました。

 

                                                                                  

 

Read more