1. Home ホーム
  2. Associated Library 東洋大学附属図書館
  3. 東洋大学教員著作紹介
  4. 【著作紹介】Distributive Politics in Malaysia: Maintaining Authoritarian Party Dominance
MENUCLOSE

【著作紹介】Distributive Politics in Malaysia: Maintaining Authoritarian Party Dominance

Read more

Distributive Politics in Malaysia著者鷲田 任邦 (法学部法律学科 准教授) 
出版社: Routledge
出版年:2018年 10月発行 
価格:£105
ISBN: 9781138634510
所蔵館:白山


内容
The election on 9 May 2018 ended six decades of rule by the ruling coalition in Malaysia (Barisan Nasional or BN, formerly the Alliance). Despite this result, the BN’s longevity and resilience to competition is remarkable. This book explores the mechanisms behind the emergence, endurance, fight for survival and decline of the party’s dominance.

Using a systematic analysis of key resources (budgets, posts, and seats), Washida challenges the conventional argument that a punitive threat to exclude opposition supporters from distributive benefits sustained the loyalty of the masses as well as the elites. He also calls into question whether the mere existence of party organization in and of itself enables leaders to credibly commit to power-sharing. Instead he posits a theory of mobilization agency, in which a party leader needs to design an effective incentive mechanism. In addition, he explains how the BN had manufactured legislative dominance by tactical gerrymandering and malapportionment.

The insights drawn from the Malaysian case can help deepen our understanding of the rise and fall of authoritarian parties and distributive politics in general.

Routledgeの紹介ページ

 

教員メッセージ

 現在、世界の半数以上の人々が独裁制で暮らしています。独裁制といっても、冷戦後の主要なスタイルは、議会や選挙といった「民主的」制度を組み込んだ「ハイブリッド」な独裁制です。政治学ではここ十数年で、独裁制の適応力や多様性に関する研究が急速に進展してきました。特に、野党の選挙参加を認めつつも政権党が長期にわたり圧倒的優位を維持する「覇権政党体制」は、独裁制の持続要因を解明する糸口として着目されてきました。

 本書で焦点を当てるマレーシア(旧マラヤ)は、まさにそうした覇権政党体制の筆頭例とされてきました。同国の与党連合(BN、旧連盟党)が、相対的に自由な政治競争・参加を許容しながら、60年以上という例外的長期にわたって政権を維持することができたのはなぜか。さまざまな観点から検討が続くなか、今年5月の選挙でBNが敗れ、同国史上初の政権交代が実現しました。マレーシアの「民主化」の行方を考える上でも、BN体制とは何だったのか、改めて総括する必要があります。

 本書では、特に体制維持の鍵とされ(つつも体系的分析が不足し)てきた政治的資源(開発予算、閣僚ポスト、議席)に着目し、BN優位の持続と盛衰メカニズムの解明を試みています。具体的には、BNがこれらの資源を活用し、与党連合内の民族間協調をいかに維持しつつ、限られた開発予算で効率的な集票を行うインセンティブをいかに与党議員に与えてきたか、そして、獲得した票をいかに効率的に議席上の優位へと変換してきたかを明らかにしています。加えて、BN優位の歴史的起源(独立当初の選挙で苦戦するなか、資源配分政治の基盤が構築されていくプロセス)や、BNの衰退・敗北の背景(有権者意識の変化と野党共闘の進展、BNの対応とその限界や誤算)についても検討しています。

 マレーシア政治に興味のある方はもちろん、独裁制の政治や、民主制を含む政権党の長期支配に興味のある方、分配政治や区割りと一票の格差に興味のある方、多民族国家の民主主義に興味のある方に、是非本書をお手にとっていただければ幸いです。

目次

List of illustrations/abbreviations
Acknowledgements
Preface

1. The puzzling resilience of authoritarian party dominance
Introduction / A puzzle and the shortcomings of conventional view / Plan of the book

2. A theory of elite-level mobilization agency
Introduction / Division in the studies of distributive politics / A theory of elite-level mobilization agency

3. Historical origins of the mobilization agency
Introduction / Centrifugal force in the early years / An electoral setback in 1959 as the first drive / An electoral setback in 1969 as the second drive / Conclusion

4. Revisiting center-local relations: Collusion rather than collision
Introduction / Centralized federalism / Focus of existing studies: conflicts and coercive dominance / Focus of this study: collusive agency / Conclusion

5. Providing credible cost compensation: Development budget allocation
Introduction / Interstate allocation: impartial but conditional cost compensation / Political budget cycles: enhancing credibility / Conclusion

6. Designing an incentive mechanism: Ministerial portfolio allocation
Introduction / Interstate allocation: efficiency-based mobilization incentives / Individual allocation: conditional saliency of incentives / Intra/interparty allocation: adjudicating electoral and coalitional politics / Conclusion

7. Manufacturing legislative dominance: Gerrymandering and malapportionment
Introduction / Theoretical discussion and extension / GIS-based analysis / Unintended consequences of gerrymandering / Conclusion

8. Withstanding the decline: A dilemma in spatial positioning
Introduction / Background of declining dominance / Theoretical discussion and extension / A crosscutting dimension, a survival strategy, and its limitations / Conclusion

9. Conclusion
Summary and discussion / Implications for comparative studies

Index
 

~目次の日本語概訳~

1. 序論:覇権政党体制の筆頭例をめぐる謎(なぜBNは長期間支配できたのか?)
2. 理論:集票エージェントとしての与党議員(インセンティブ契約として資源配分政治をとらえる)
3. 歴史:マレーシアの資源配分政治の歴史的起源(初期の選挙での苦戦が育んだBN優位の基盤)
4. 制度と政策過程:連邦政府・州政府間関係の再考(野党州との対立よりも与党州での協調に着目する意義)
5. 分析①:開発予算配分(与党州への集票コスト保証と野党州の疎外、政治的財政循環)
6. 分析②:閣僚ポスト配分(与党議員から集票努力を引き出すインセンティブ、与党連合内の調整)
7. 分析③:区割りと一票の格差の操作(限られた得票を議席上の優位に変換する方法)
8. 分析④:衰退・敗北の背景(新しいイシュー次元の出現、BNの対応とその限界)
9. 結論:まとめと今後の比較研究に向けた示唆

 

[著者] 鷲田 任邦(ワシダ ヒデクニ)

比較政治学専攻。主に独裁制の政治について、民主制との共通性を意識しながら研究しています。
詳細は、下記リンクをご参照ください。

関連リンク

Researchmapページ(鷲田 任邦 准教授)
東洋大学研究者情報データベース(鷲田 任邦 准教授)

Read more