校章・校歌

校章の解説

校章は「観想の華」である。四君子の意で、梅・菊・蘭・竹の四つを合わせたもので、同時に「東洋」にも通じる。「高潔なことが君子に似る」との意を持ち、本校教育のシンボルである。 


東洋大学附属牛久中学校・高等学校 校歌

作詞:勝 承夫
作曲:平井 康三郎


沼に飛びたつ 水鳥も
若い力を 若い光を つばさにこめて
むれてはばたく
元気よく 呼びかける
さくら咲く 自治の庭
松風の 宮の台
東洋牛久 われらの誇よ

燃える希望も はつらつと
とおい昔を とおい未来を 心に描き
励む楽しさ
研鑽のよろこびよ
なごやかに 大らかに
明日の夢 わくところ
東洋牛久 英知の泉よ

朝日夕日の いろどりに
いつもほほえむ いつもささやく 筑波は清く
つねに変らぬ
友情の その姿
意気たかく 進もうよ
観想の 華の友
東洋牛久 栄あるまなびや