1. ホーム
  2. ニュース
  3. 研究
  4. 研究所・センター
  5. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
  6. 国際学会で最優秀論文賞を受賞
MENUCLOSE

国際学会で最優秀論文賞を受賞

国際学会「The 12th IEEE International Conference on Nano/Molecular Medicine and Engineering」 が、2018 年 12 月 2 ~ 5 日に Honolulu, Hawaii, USAで開催されました。大学院学際・融合科学研究科特任准教授、バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター研究員である Dr Mohamed Sheikh Mohamed が「乳ガンの近赤外レーザーによる光線療法およびマイクロ CT 画像手法の開発」に関する発表を行い、「最優秀論文賞」を受賞しました。

「最優秀論文賞」対象論文

M.S. Mohamed, S. Veeranarayanan, A.C. Poulose, M. Rinya, Y. Sakamoto, T. Maekawa and D. Sakthi Kumar, Ultra-low power NIR laser-triggered phototherapy and μCT imaging of breast cancer in vivo, The 12th IEEE International Conference on Nano/Molecular Medicine and Engineering (IEEE-NANOMED 2018) (2018), Honolulu, USA.

1     2

最優秀論文賞の賞状および学会・プログラム主催者と Dr Mohamed Sheikh Mohamed.

 

Papers published by Dr M.S. Mohamed

The 12th IEEE International Conference on Nano/Molecular Medicine and Engineering

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
http://bionano.toyo.ac.jp/JPN/indexpage.html

大学院学際・融合科学研究科
学際・融合科学研究科パンフレット [PDFファイル/1.73MB]
Achievements [PDFファイル/2.41MB]

もっと見る

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)