1. ホーム
  2. ニュース
  3. 国際交流
  4. 新着情報
  5. 東洋大学生向け情報
  6. 白山キャンパスにて海外での安全対策をテーマにTGLキャンプを開催しました
MENUCLOSE

白山キャンパスにて海外での安全対策をテーマにTGLキャンプを開催しました

白山キャンパスにて「海外での安全対策」をテーマにTGLキャンプを開催しました

TGL1

7月21日(土)に450人ほどの学生が一斉に白山1号館の大講堂に集まる中、TGLキャンプが開催されました。
今回のテーマは、「成功する海外研修:準備と心構え―安全対策編―」です。夏期休暇期間に各種海外研修や個人旅行などで国外に出る学生の数は年々増える一方で、海外でのトラブルや事件も国を問わず多発しています。国際教育センターは、出国前に安全対策を学んでもらうため、夏休み直前のタイミングに合わせて本キャンプを実施しました。

今回は「安全が当たり前」の日本人が、海外で知らない内にトラブルに巻き込まれていく様子がまとめられた外務省によるビデオを紹介しながら、様々な事例を学んでもらいました。

その後、(財)日本防災教育訓練センターが提供する「テロ状況予測シミュレーション体験ワークショップ」を基に、テロ実行案とテロ対策案を小グループに別れて議論し、発表しました。このアクティブラーニングでは、多くの考えに触れ、テロ対策の「気づき」を得る事で、想定内を増やし、想定外を減らすことを目的としましたが、それぞれのグループは、テロの可能性を活発に意見交換し、その上で、身の守り方を色々な側面から考えていました。

これから夏期休暇が始まります。今回の学びを生かして、学生の皆さんには国内外の活動を通して見聞を広げてきてもらいたいと思います。