1. ホーム
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学習支援
  5. 川越キャンパス
  6. グローバルコミュニケーションスペース
  7. 2018年度秋学期「未来を拓くトップセミナー」を開催しました(川越キャンパス)
MENUCLOSE

2018年度秋学期「未来を拓くトップセミナー」を開催しました(川越キャンパス)

川越キャンパスで「未来を拓くトップセミナー」が開催されました

2018年11月14日(水)16時30分より、川越キャンパス4号館において、さまざまな分野の第一線で活躍中のトップを講師として招く「未来を拓くトップセミナー」が開催されました。

会場の様子
川越キャンパス「未来を拓くトップセミナー」会場の様子

今回は、東京大学教授、ものづくり経営研究センター長の藤本隆宏氏に御登壇いただき、『デジタル化と日本のものづくり』と題して、これからの未来を担う学生へのメッセージを熱く語っていただきました。

日本の統合型ものづくりや、得意アーキテクチャの分布に関する説明、アジア自動車工場の国別・地域別生産性等の解説を聞いた参加学生からは「今回のセミナーで、中国やアメリカ、ドイツの企業についても比較して学ぶことができ、良い機会だった」「需要がないならマーケットを作るという発想が斬新だと思った」等の感想が寄せられました。

東洋大学理工学部、総合情報学部では、グローバル人財の育成を通じ、世界で活躍できるエンジニアの育成に継続的に取り組んでまいります。また、国際的視野を持ち専門分野で活躍できる優秀な学生を育成するため、計画的かつ積極的に意識改革を行うべく様々な取組を今後実行していきます。

関連リンク

理工学部

総合情報学部

2018年度未来を拓くトップセミナー