1. ホーム
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 総合情報学部
  6. 川越大学間連携講座「芸術としてのスポーツ~身体が織りなすアート~」を開催しました
MENUCLOSE

川越大学間連携講座「芸術としてのスポーツ~身体が織りなすアート~」を開催しました

川越キャンパスにおいて、2018(平成30)年5月26日から6月23日まで毎週土曜日、「芸術としてのスポーツ~身体が織りなすアート~」をテーマとした市民向け講座『川越大学間連携講座』を開講しました。

渋谷英雄東洋大学総合情報学部非常勤講師の講座の様子 浦谷郁子中央大学法学部助教の講義の様子
第2回目の講座の様子 第4回目の講座の様子

本講座は、川越市民の生涯学習への意欲を応援することを目的として、2012(平成24)年より市内の大学と川越市が連携し開講しています。

「芸術としてのスポーツ~身体が織りなすアート」

テーマについて

身体活動と心理との関わりや、パフォーマンスの芸術性など、スポーツを「アート」としてとらえる視点は講師によって異なりますが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックがより一層の感動を得られる機会となるよう、多様なスポーツとの関わり方を提案することが本テーマの目的です。

講座の内容

全5回の講座では、加藤千恵子教授(総合情報学部教授)がコーディネーターとなり、5名の講師がスポーツ参加・観戦の魅力について、スポーツの芸術的側面に焦点を当てながら解説しました。

 
日程 タイトル 講師
1 5月26日 身体活動と癒し 加藤 千恵子 総合情報学部 教授
2 6月2日 芸術的視点からスポーツ活動をとらえる 渋谷 英雄 総合情報学部 客員教授
3 6月9日 アスリートに学ぶ心身のデザイン 菅原 徹 総合情報学部 非常勤講師
4 6月16日 アートとしての身体表現 浦谷 郁子 中央大学法学部 助教
5 6月23日 スポーツをみる・ささえる心理 青木 滉一郎 嘉悦大学 非常勤講師
修了証書の授与の様子 土田賢省学部長挨拶の様子
修了証書の授与の様子 土田賢省学部長(総合情報学部教授)による挨拶

講座最終日の6月23日には閉講式を実施し、5回全ての講義に出席した受講者に、総合情報学部土田賢省学部長から修了証書を授与しました。

関連リンク

総合情報学部

東洋大学公開講座

川越市公式ホームページ:川越市の生涯学習