1. ホーム
  2. 東洋大学附属図書館
  3. 図書館利用案内
  4. 図書館で資料が見つからない場合
MENUCLOSE

図書館で資料が見つからない場合


  1. レファレンスサービス(参考質問)
  2. 他大学(機関)を訪問して利用する
  3. 協定校の図書館を利用する
  4. 文献複写・現物貸借(有料)

1.レファレンスサービス(参考質問)

利用したい資料が見つからない、調べたいことがあるが調べ方がわからない場合には、お近くの図書館スタッフ、またはカウンターにご相談ください。お探しの情報を得るためのお手伝いをいたします。

2.他大学(機関)を訪問して利用する

本学図書館にお探しの資料がない場合は、他大学・他機関に所蔵されている資料を訪問して利用することができます。他大学・他機関の利用に際しては、本学図書館からの事前連絡および紹介状(閲覧願)が必要となりますので、利用を希望される場合は、まずはカウンターにご相談ください。

3.協定校の図書館を利用する

東洋大学附属図書館と協定を結んでいる他大学の図書館を利用することができます。
大学によって利用条件が異なりますので、詳しくは各大学の図書館ホームページをご参照ください。

【山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム】
利用対象者: 学部生、大学院生、専任教職員、非常勤講師、通信教育部学生、科目等履修生
対 象 大 学: 青山学院大学、学習院大学、國學院大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、立教大学
 
【佛教図書館協会東地区相互利用】
利用対象者: 大学院生、専任教職員、研究所研究員・所員
対 象 大 学: 駒澤大学、淑徳大学、大正大学、鶴見大学、身延山大学、立正大学
 
【埼玉県大学・短期大学図書館協議会】
埼玉県内の大学・短期大学図書館の相互協力協定です。利用についての詳細は川越図書館カウンターへお問い合わせください。

4.文献複写・現物貸借(有料)

◆ 文献複写(有料)
他大学・他機関が所蔵する資料の特定範囲の複写を取り寄せることができます。複写料金(料金は依頼先大学・機関の定めによる)および送料は自己負担となります。
◆ 現物貸借(有料)
他大学・他機関の図書を本学図書館に取り寄せて、本学図書館内で一定期間利用することができます。館外への持ち出しはできません。往復の送料は自己負担となります。貸借した資料の複写は別途手続きが必要です。

有料のサービスのため、初めて利用する際にはレファレンスカウンターにて登録が必要です。
詳しくはOPACヘルプページ「文献複写・現物貸借(ILL)」をご参照ください。