1. ホーム
  2. 東洋大学附属図書館
  3. 東洋大学教員著作紹介
  4. 【著作紹介】海民の移動誌-西太平洋のネットワーク社会-
MENUCLOSE

【著作紹介】海民の移動誌-西太平洋のネットワーク社会-

海民の移動誌著者長津 一史 (社会学部社会文化システム学科 准教授) 【編著】
出版社: 昭和堂
出版年:2018年3月発行 
価格:4,000円+税
ISBN: 9784812217184
所蔵館:白山


内容:  

先史時代から現代まで、海の上のネットワークはどう機能したのか。海に生きる人々とそれに伴う資源の移動から、海上の歴史に迫る。


昭和堂の紹介ページ

教員メッセージ

アフリカ大陸で誕生した現生人類(=新人)は、約五万年前頃までにはアジアやオセアニアの島嶼海域に移住・拡散した。

島嶼海域に進出していく過程で人類=ヒトは、海を跨ぐヒトとモノの関係の網の目、すなわち海域ネットワークを形成してきた。ここでの海域ネットワークとは、複数の島嶼や地域間において、個人ないし集団が資源や生産物、技術等の交換を目的として海を渡る移動、移住を繰り返してきたその過程で紡がれたネットワークを指す。アジア・オセアニア海域には、こうした海域ネットワークを生活基盤とする社会がいまも各地にみられる。そうした社会を「海域ネットワーク社会」と呼ぼう。

海域ネットワークは、人類が島嶼海域に移住・拡散するのと時を同じくして紡がれ始めたに違いない。海域ネットワークには、このように考古学研究が対象とするような長い期間にわたり維持されてきたネットワークから、民族誌研究が対象とするような人間の一、二世代の期間に築かれ、維持されてきたネットワークまで、多様な時間幅のものが含まれる。本書の目的は、アジア・オセアニア海域における海域ネットワーク社会の普遍性と地域性を、ヒト・モノ・情報の移動や、その痕跡としての物質文化や生業文化の分布、連続、非連続などを手がかりに、時間と空間双方の面での比較を通じて、人類史的な視点から検討することにある。(序章から)

目次

第Ⅰ部 序論
第1章 海民の移動誌とその視座(小野林太郎・長津一史・印東道子)
第2章 海のエスノ・ネットワーク論と海民――異文化交流の担い手は誰か(秋道智彌)
第3章 マダガスカル島と海域アジアを結ぶネットワーク(飯田卓)

第Ⅱ部 東南アジアの海域世界
第4章 海域東南アジアの先史時代とネットワークの成立過程
――「海民」の基層文化論(田中和彦・小野林太郎)
第5章 耳飾が語る金属器時代東南アジアの海域ネットワーク(深山絵実梨)
第6章 東南アジアにみる海民の移動とネットワーク
――西セレベス海道に焦点をおいて(長津一史)
第7章 〈踊り場〉のネットワーク――モーケンと仲買人の関係性に着目して(鈴木佑記)

第Ⅲ部 東アジアの海域世界
第8章 海を渡り、島を移動して生きた最初期の「海民的」人びと
――宮古・八重山諸島の先史時代からみた海域ネットワーク(山極海嗣)
第9章 中世・近世期における八重山諸島とその島嶼間ネットワーク(島袋綾野)
第10章 糸満漁民の移住とネットワークの動態(玉城 毅)

第Ⅳ部 オセアニアの海域世界
第11章 先史オセアニアの海域ネットワーク
――オセアニアに進出したラピタ人と海民論(小野林太郎)
第12章 オセアニアの島嶼間ネットワークとその形成過程(印東道子)
第13章 ムシロガイ交易からみる地域史
――進行形のネットワーク記述に向けて(深田淳太郎)

 

[著者] 長津 一史 (ナガツ カズフミ)

長津一史先生【学歴】
1993年04月 - 1998年03月, 京都大学, 人間・環境学研究科, 文化・地域環境学
1992年04月 - 1993年03月, 上智大学, 大学院外国語学研究科
1987年04月 - 1992年03月, 上智大学, 外国語学部, ロシア語学科

【学位】
人間・環境学修士, 京都大学
博士(地域研究), 京都大学

【経歴】
  2006年04月 - 現在, 東洋大学, 社会学部, 准教授
  2017年10月 - 2018年03月, シンガポール国立大学, アジア研究所, 客員上級研究員
  2017年04月 - 2017年09月, 京都大学, 東南アジア研究所, 客員准教授
  2005年05月 - 2006年03月, 京都大学, 東南アジア研究所, 助手
  2000年05月 - 2005年04月, 京都大学, 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, 助手
  1998年04月 - 2000年04月, 日本学術振興会, 特別研究員(PD)

関連リンク

東洋大学研究者情報データベース(長津 一史准教授)
教員が語る「学問の魅力」    従来とは異なる視点で地域をとらえ 社会と文化のグローバルな関係性を見抜く
Ethnic Re/formation at Margins:Negotiations with Global Institutions, NGOs and Missionaries in Insular Southeast Asia(東洋大学学術情報リポジトリ)