MENUCLOSE

社会学部の沿革

社会学部50周年記念事業の「 東洋大学社会学部年表(稿) 」より抜粋、編集しました。
年月日 事項
1887年9月 私立哲学館を東京本郷竜岡町三一番地麟祥院に創立
1921年2月 専門部社会事業科(夜間)新設
1928年 社会事業科を社会教育事業科と改称
1934年 社会教育事業科を廃止
1946年4月 旧制文学部学則変更,社会学科増設。旧制文学部(哲学科・宗教学科・文学科・史学科・社会学科)
1949年4月 新制大学へ移行。文学部第1部(哲学科・国文学科・中国哲学文学科・史学科・英米文学科・社会学科)設置(社会学科入学定員80名)
1950年 東洋大学図書館学講座開設
1950年4月 社会学研究所前身(漁村調査団)発足。
1951年 東洋大学社会学研究所開設
1958年4月 文学部社会学科の卒業生は文学士から社会学士の称号に変える申請が認可。
1958年12月 テレビスタジオ開局。
1959年1月 社会学部(1部・2部)設置認可、1部入学定員社会学科・応用社会学科各50名、2部社会学科80名、開設年次は社会学科(1・2部)第4年次、応用社会学科第3年次まで
1959年3月 大学院社会学科研究科(修士・博士)増設認可、入学定員修士10名、博士3名
1959年4月 文学部から独立して社会学部となる。社会学部1部(社会学科・応用社会学科)2部(社会学科設置)大学院社会学研究科(社会学専攻)修士・博士課程設置(文学部社会学科および文学研究社会学専攻は昭和33年限りとする)
1959年4月 社会学研究所設置(学部附置)
1959年4月 テレビ研究生講座開講(社会学研究所)
1959年7月 販売講座開講(社会学研究所)
1960年2月 教育職員免許状取得の課程認定
1960年4月 『社会学部紀要』創刊
1962年4月 第1部応用社会学科に学科課程別専攻コース(広報学(後にマスコミ学)・社会福祉学・図書館学)設置
1963年4月 第1部応用社会学科に心理学教育学専攻コースを設置
1964年4月 第1部応用社会学科の上記心理学教育学専攻コースは社会心理学専攻コースと名称変更
1966年4月 大学院社会学研究科に社会福祉学専攻修士課程設置
1968年3月 『東洋大学社会学研究所・年報』(社会学研究所)創刊
1977年4月 朝霞キャンパスの使用開始(経済学部・法学部・社会学部・経営学部の1年次の授業および文学部の一部授業)
1978年4月 大学院社会学研究科に社会福祉学専攻博士後期課程設置
1986年4月 社会学部1、2年生の授業を朝霞キャンパスで実施
1992年4月 応用社会学科福祉学専攻コースは社会福祉学科に改組
1996年4月 大学院社会学研究科に福祉社会システム専攻修士課程(夜間)を開設
2000年4月 第1部社会学部改組により5学科体制(社会学科、社会文化システム学科、社会福祉学科、メディアコミュニケーション学科、社会心理学科)が発足
2001年4月 第2部社会福祉学科を開設
2004年4月 大学院社会学研究科に社会心理学専攻開設
2005年4月 朝霞キャンパスの1・2年生教育を白山キャンパスに統合。白山キャンパスで4年間一貫教育を実施
2006年4月 大学院社会心理学専攻に博士後期課程設置
2006年4月 大学院福祉社会デザイン研究科創設。大学院社会学研究科から社会福祉学専攻、福祉社会システム専攻を同研究科に移す。
2009年10月 社会学部50周年式典