MENUCLOSE

法学部の概要

 

教育目標

論理的な思考方法と法的バランスのとれた総合的な認識・判断、問題解決能力である「リーガル・マインド」を備え、常に社会に向き合い人の痛みが分かる、柔軟で幅広い視野を持った人間性あふれる人材を育みます。

概要

東洋大学法学部は、昭和31年に創設され、第1部法律学科と第2部法律学科(現イブニングコース)でスタートしました。昭和39年には通信教育課程を設置、昭和40年には、企業活動に関わる法律に通じた人材の育成という時代の要請に応え、他大学に先駆けて第1部経営法学科を新設しました。平成13年には、企業法務の重要性や国際化への対応をふまえ、企業法学科に名称を変更しました。

法学部ではまず、法学部生としての基礎的な学習方法を学び、法律知識を初歩から体系的に修得します。法律を学ぶことによって、スペシャリストとしての高度な専門知識を修得するとともに、常に社会に向き合い人の痛みが分かるジェネラリストとしてのリーガル・マインドを身につけることができます。さらに将来設計(キャリア・デザイン)の実現に向けて、法律の専門知識だけでなく、語学や国際人としてのコミュニケーション能力や広い分野にわたる学問的知識なども身につけることによって、豊かな資質、教養と国際人としての高い能力を兼ね備えた人材を育成する教育を行っています。

学部学科/入学定員/修学場所

法律学科

 法的視点と柔軟な思考力で「社会」に対応
社会生活の基本的なルールである「法」や「法制度」を学び、それぞれの目的・目標に沿った法的視点で物事を判断・解決出来る人材育成の教育が行われています。

法律学科の詳細ページへ

企業法学科

 法知識とともに経済・経営的感覚バランスで「社会」に対応
企業倫理や法律知識を学び、コンプライアンス(法令遵守)経営に即応出来る企業人・国際人としてのマネジメント能力を身につける人材育成の教育が行われています。

企業法学科の詳細ページへ

法律学科(イブニングコース)

 ライフスタイルに合わせた学習プランで柔軟な思考力、法知識を身につけ「社会」に対応
社会での経験を法律学という視点から見直したい社会人、法学を初めて学ぶ学生、多種多様なニーズに対応し、幅広い分野で活躍できる法律的素養を備えた人材育成の教育が行われています。
法律学科(イブニングコース)の詳細ページへ

法律学科(通信教育課程)

 

変化する現代社会の法的ニーズに応える法学教育を実践

法律学科(通信教育課程)の詳細ページへ
 

入学定員

  • 法律学科:250名
  • 企業法学科:250名
  • 法律学科(イブニングコース):120名
  • 法律学科(通信教育課程):1000名 ※科目等履修生・科目別履修生・特修生は定員内

  

修学場所

白山キャンパス
東京都文京区白山5-28-20