MENUCLOSE

経営学部ゼミ紹介―西澤昭夫ゼミ

テーマ
「グローバル・ビジネスとアントレプレナーシップを究める」

担当: 経営学科/西澤昭夫(にしざわ あきお)教授

ゼミの概要

西澤ゼミ

(2015.5.19 タイの学生との交流会 西澤ゼミ+劉ゼミ)

1.基礎演習(2年生):グローバル・ビジネスの基礎となる英語力の再生に向け、「英文契約書を学ぶ」をテーマとします。前半は教科書に従いつつ、Jargon(=専門用語)や特異な構造を持つ英文契約書の表現方法を学び、契約内容を間違えなく読み解く英語力の涵養に努め、後半では売買契約書、ライセンス契約書など、具体的な契約書を検討します。

2. 演習Ⅰ+Ⅱ(3年生):アントレプレナーシップに関する専門書を輪読しつつ、専門書の内容を正確に読み取り、ゼミで発表します。論点を提示する問題発見能力、取り纏め、発表を行いつつ、ディスカッションをリードする討論力を涵養します。
この能力の発揮に向けて、毎年、日本学生経済ゼミナール関東部会が開催するインナー大会討論部門に参加しています。2015年度の第55回大会には、「成長モデルとなる地方都市」及び「北陸新幹線開通は地域活性化に繋がるか」の2テーマでエントリーしました。また、夏休みを利用して、本テーマに関する現地調査を行う予定です。経営学会にも参加の予定です。
こうした経験を通じ、プレゼン能力を高めることをねらいとしています。さらに、グローバルな意見交換を行うため、タイ日工業大学の日本語研修生との交流を行っています。

3.演習Ⅲ+Ⅳ(4年生):2年間のゼミ活動の集大成となる卒業論文作成に重点を置いています。3年生と4年生が参加する合同ゼミにおいて、論文の内容を報告しつつ、相互検討を通じて、論文としての完成度を高める活動を行っています。

テーマ例

1.基礎演習:英文契約書の基本構造、売買契約書の主要条項と特殊条項、準拠法と裁判管轄権、ライセンス契約書の特性:何を取引対象にするかなど、英文契約書の基本をテーマとします。

2.演習Ⅰ+Ⅱ:アントレプレナーシップ論の検討、及びインナー大会向け論文の作成を行います。

3.演習Ⅲ+Ⅳ:各自の問題意識に従った卒論テーマ設定、及び論点を究明します。