MENUCLOSE

経済学部の特色ある取り組み

1年次からの少人数制ゼミナール

少人数ゼミナール教育の徹底

1年生は全員少人数のゼミナールを履修し、大学教育に慣れると共に、レポート・論文の書き方・発表の技法などの基礎を学んでいます。2 ~ 4 年次では、多数の専門ゼミナールから自分の勉強するテーマに合わせてゼミナールを選択し、最終的に卒業論文やゼミ論文にまとめる応用力を養っています。

英語を始めとする語学教育の徹底

第1部1年次必修英語と2年次(選択)英語は、個別にレベルアップができるようTOEIC-IPテストのスコアでクラス分けをしています。また、経済学部独自の学生支援プログラムとして、第1部・第2部とも2 ~ 4 年次に、前学年で取得したTOEICのスコアや経済学部語学研修(※1)の評価で英語科目の単位が認定される制度も実施しています。
その他の語学としては、ドイツ語、フランス語、中国語が初歩から上級まで習得できます。

「ミクロ経済学・マクロ経済学」に演習科目を設置

経済理論(ミクロ経済学・マクロ経済学)の講義に対応した、少人数の演習科目を設置し、経済学の基礎理論の習得を目指します。後に履修する専門科目を学ぶ上で欠かせない経済学の基礎を徹底して学びます。授業では毎回小テストを実施し理解度を確認するとともに、教育補助員(SA・TA)を配置し、きめ細かい指導を行っています。

経済の基礎演習を支援する教育体制 (e-Learning)

特に重要と思われる講義内容をいつでもどこでも繰り返し学べるようe-Learning学習システムを整えています。教室での進め方に沿って、「経済学基礎科目演習オンライン教材」(各演習を担当する講師が作成した動画教材)を使い、自分のペースで何度でも復習することができます。

コンピュータ実習の充実

習熟度に合わせたコンピュータ実習を1年次に行い、情報リテラシィの基礎を身につけます。さらに、2 ~ 4 年次向けにレベルアップしたコンピュータ実習を行っています。また、コンビュータの技術習得ばかりでなく、情報犯罪に巻き込まれないよう、インターネット等、ネットワークを利用する人が守るべき倫理的基準(情報ネチケット)についてのガイダンスも行っています。

経済学部教員総合評価を実施

経済学部は、研究・教育業績を中心とする総合的な教員の業績のレベルアップとそれに伴って実現できる学部全体の研究・教育水準のレベルアップを「自発的に」行うために、教員総合評価を実施しています。

経済学部教員総合評価 [PDFファイル/123KB]

その他、3月初旬に経済学部海外研修(12日間)を協定校であるフランス・ストラスブール大学、ドイツ・マールブルク大学で実施しています。研修では現地大学教授による経済学の講義や学生との交流会を行います。海外の文化・習慣・歴史に触れることで貴重な体験ができます。
また、1年生全員を対象に「ニュース時事能力検定試験準2級」を実施しています。これは、現代社会におけるさまざまな問題を自分のものとしてとらえる視点・基礎を身につけていくことを目的としています。
授業改善への取り組みとして、授業アンケートを実施しています。全教員が春学期・秋学期それぞれ授業終了後に学生に授業アンケートを実施し、その結果を次年度に反映させています。
大学は勉学の場であると同時に社会人になるための人格形成の場でもあります。学生自身が人権尊重の意識が薄く他人への配慮が無かったために犯罪の被害者・加害者になることがないよう、「人権啓発セミナー」を実施し、社会生活を送る上での意識付けを行っています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)