MENUCLOSE

経済学部の概要

教育目標

経済学部では、大学における教育を通して各々の関心や興味に肉付けし、日本の経済・社会、さらには国際経済・国際社会の中で、将来の目標を具体化できる「学び」の基盤を身につけた学生を育成します。

概要

東洋大学の前身である哲学館時代に、すでに経済学は講座として開設されていました。そして、学校教育法に基づく新制東洋大学への移行に際して、経済学部へと構想され1950年4月に設立の運びとなりました。経済学部は東洋大学でも2番目に古い歴史を持つ学部であり、また、常にその時代にあった「経済のいま」を学ぶ事ができる体制を整えてきています。

経済学はミクロ・マクロ経済学などの基礎的経済理論を基盤としながら、総合的な視点から現在の日本や世界で発生している経済現象を明らかにし、今後の日本社会、国際社会の在り方を追求する学問です。

東洋大学経済学部はその経済学をそれぞれの興味の基に学べる基盤作りと、カリキュラムづくりを目指しています。

学部学科/入学定員/修学場所

経済学科

 経済の本質を学ぶ
理論と実証を土台に経済活動の本質を発見し、問題を解決する能力を養います

詳しくはこちらをご覧ください。

国際経済学科

 世界を舞台にする実践力を身につける
経済学、語学、情報、コミュニケーション、さまざまなツールで国際経済社会に挑みます

詳しくはこちらをご覧ください。

総合政策学科

 新しい社会経済をデザイン
経済学をベースに幅広い視点で社会問題を考え、政策立案します

詳しくはこちらをご覧ください。

経済学科(イブニングコース)

 社会人として活かせる知識を学ぶ
経済学の基礎知識や社会に対する幅広い知識を修得し、論理的な判断力を養成します

 詳しくはこちらをご覧ください。

修学場所

 白山キャンパス
東京都文京区白山5-28-20