MENUCLOSE

留学生就職促進プログラム

Adopted as one of the 12 bases nationwide of the International Student Employment Promotion Program implemented by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT).

Toyo University’s project plan was selected for the FY 2017 “Career Development Program for Foreign Students in Japan” administered by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). While many universities from across the country applied, Toyo University was the only private university in eastern Japan district among the adopted 12 institutions (consortiums).

Number of adopted consortiums: 12 institutions (universities)

Breakdown of 12 universities

 ■National University (10 universities)

 ■Private University (2 universities)

Toyo University is the only university located in Tokyo whose project plan was selected for the FY 2017 “Career Development Program for Foreign Students in Japan” administered by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT).

Having Japanese business language skills are the most important factors when Japanese companies hire foreign students.
Toyo University provides a variety of Japanese language classes to foreign students.

Not many companies in Japan accept foreign students for an internship.
Toyo University provides a plethora of opportunities for foreign students to do an internship in Tokyo and rural areas such as Shimane, Ishikawa and Ibaraki.

Toyo University’s project plan was selected for the FY 2017 “Career Development Program for Foreign Students in Japan” administered by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT).
The program aims to increase opportunities for foreign students to secure employments in Japan by supporting international students in their job search efforts. In order to do so, it promotes measures for universities to collaborate with local governments and industries on creating a comprehensive training environment that offers Japanese language education, career development education in Japan, and medium- to long-term internships. By enhancing the appeal of studying abroad in Japan through creation of the above environment, the program also aims to increase the number of international students from foreign countries. The implementation of the program is entrusted for a maximum period of five years to universities that MEXT selects based on project implementation plans submitted by universities.

The project implementation plan submitted by Toyo University, “International Student I-Turn Employment Promotion Program,” aims to promote through networks formed between Tokyo and rural cities international student “I-turn employment” (employment outside the area where international students seeking employment undertake their study abroad). The project will contribute to improving Japan’s international student domestic employment rate by increasing opportunities for international students in Tokyo to secure employment with companies in rural cities facing shortages of workers, and by instituting measures aimed at assisting international students in rural cities in searching for jobs not only in the cities where they pursue their studies but also in the National Capital Region. This project is to be implemented in collaboration with Shimane University and Kanazawa Seiryo University.

International Student I-Turn Employment Promotion Program [PDFファイル/288KB] (in English)
MEXT Website:Results of the Selection for the “Career Development Program for Foreign Students in Japan” (in Japanese)

About Employment Promotion Program for International Students

International Student I-Turn Employment Promotion Program

Promote
“I-turn”employment of international students in Tokyo and regional cities

Program Overview
The program promotes employment in regional cities by providing opportunities for international students in Tokyo to get to know quality companies in regional cities.
The program promotes employment in Tokyo by providing internship opportunities and company tours in Tokyo to international students in regional cities.
The program promotes employment in Japan by offering different levels of Japanese courses and increasing opportunities to acquire a high level of Japanese proficiency.

Remedying a lack of talent in regional cities / Creating cross-community employment opportunities for international students

相互に就職選択肢拡大→就職率UP!留学生Iターン就職促進

International student employment rate in Japan:60%

国内就職者数を加速度UP!51人 → 260人(H37年度)
Improve the employment ratio 40% ⇒ 60% (2025)
Increase the employment ratio by improving Japanese business language skills and offering private consultations
Expand employment opportunities with I-Turn Employment
Education Program Overview
Toyo University’s efforts in collaboration with Shimane University, Kanazawa Seiryo University, and regional cities
教育プログラムのイメージ

Business Japanese Education

Foster high levels of Japanese proficiency by offering 250 hours of Japanese courses per year

  • Phased Japanese language courses by level
  • Extracurricular intensive courses held three times a year (17 summer courses) (Open to external students for free
  • Unique online educational website available worldwide

Career Services

Provide job hunting guidance to students from the first-year and show attractiveness of working in regional cities

  • Regular course of ”Introduction to Global Careers” (15 classes/half-year term)

Partner Schools and Institutions

  • 島根大学
  • 金沢星稜大学
  • 石川県
  • 日立地区産業支援センター
  • JAPI
Enrolling and Studying at Toyo University
Learning Japanese at Toyo University
  • Business Japanese Training Program
Working in Japan

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Read more

文部科学省「留学生就職促進プログラム」全国12拠点の1つに採択されました

文部科学省平成29年度「留学生就職促進プログラム」に本学の事業計画が採択されました。全国から多数の大学が申請する中、本学は採択を受けた12機関(コンソーシアム)のうち東日本地区で唯一の私立大学でした。

 採択コンソーシアム数: 12機関(幹事大学)

 12幹事校内訳

 ■国立大学(10校)

 ■私立大学(2校)

東洋大学は、留学生の日本就職を積極的に支援している大学として、日本政府(文部科学省)の「留学生就職促進プログラム」に採択された東京で唯一の大学です。

日本企業が留学生を採用する際に最も重視する技能はビジネス日本語です。東洋大学では、留学生に対して充実したビジネス日本語教育を提供しています。

留学生のインターンシップを受け入れている日本企業は決して多くはありません。東洋大学は、独自プログラムとして、東京および魅力ある地方都市(島根、石川、茨城など)で、豊富なインターンシップ機会を留学生に提供しています。

本事業は、「外国人材の我が国企業への就職の拡大」に向け、各大学が地域の自治体や産業界と連携し、日本語能力や日本でのキャリア教育、中長期インターンシップを一体として学ぶ環境を創出する取組を普及させ、外国人留学生の日本での就職を支援するものです。これにより日本への留学の魅力を向上させ、諸外国からの留学生増加を図ります。文部科学省は、本事業に採択された大学に最大5年間、提出された実施計画書に基づいて業務を委託します。

本学が提出した実施計画書「留学生Iターン就職促進プログラム」は、東京と地方都市をつなぎ留学生の「Iターン就職」を促進する事業です。東京で学ぶ留学生に働き手不足が問題となっている地方都市の企業での就職機会を拡大し、地方で学ぶ留学生にも地元のみならず首都圏での就職活動を可能とする取り組みにより、日本全体での留学生国内就職率向上に貢献します。本事業は、島根大学および金沢星稜大学と連携して実施していく計画です。

ポンチ絵ポンチ絵

留学生Iターン就職促進プログラム [PDFファイル/631KB]
文部科学省HP 「留学生就職促進プログラム」の選定結果について

ニュース/イベント

留学生就職促進プログラムについて

留学生Iターン就職促進プログラム

東京と地方都市との間で留学生の
「Iターン就職」を促進

取組概要
東京で学ぶ留学生には、地方の優良企業を知る機会を提供し、地方都市での就職を促進します。
地方で学ぶ留学生には、東京でのインターンシップや企業見学ツアーの機会を提供し、東京での就職を促進します。
レベル別の日本語クラスを展開し、高度な日本語運用能力を修得する機会を増やすことで、日本での就職を促進します。

地方の人手不足是正・地域の枠を超えた留学生就職

相互に就職選択肢拡大→就職率UP!留学生Iターン就職促進

留学生国内就職率60%

国内就職者数を加速度UP!51人 → 260人(H37年度)
留学生国内就職率UP 40%→60%(H37)
ビジネス日本語運用能力向上&個別相談で就職率UP!
Iターン促進で就職選択肢拡大!
教育プログラム概要
島根大学・金沢星稜大学や地方都市などと連携した東洋大学の取り組み
教育プログラムのイメージ

ビジネス日本語教育

年間250hの日本語学習で高度な日本語運用能力を養成

  • レベル別段階的正課日本語クラス編成
  • 年3回の課外集中講座(夏期のみで全17講座)(学外生にも無料開放
  • 世界中から受講可能な独自オンライン学習サイト開設

キャリア教育

1年生から就活指導、地方就職の魅力も教育

  • 正課「国際キャリア概論」(半期15コマ)
  • 留学生向け就活セミナー/企業説明会(学外生にも開放)
  • 多彩な実務家スピーカー(留学生OB、採用担当etc)

インターンシップ

東京・地方双方の就業体験、留学生の就職選択肢を拡大

  • 東京・島根・石川・茨城での特色あるインターン(2週)
  • 各地の魅力と企業を知る導入的見学ツアー(3日)
  • 地方企業に対して留学生インターンシップ受入れ機会を提供

協力学校・機関

  • 島根大学
  • 金沢星稜大学
  • 石川県
  • 日立地区産業支援センター
  • JAPI
東洋大学への入学・留学
東洋大学での日本語学習
  • ビジネス日本語講座
日本での就職

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Read more