感染症について

感染症について

学校感染症と診断されたら

病院で学校感染症と診断された場合には、速やかに学校に連絡をしてください。連絡の際に、症状が出始めた日や当日までの行動(部活動など)もお知らせ頂けると感染拡大を防ぐ手立てとなります。
出席停止の基準期間は下表に掲載してありますが、あくまでも目安です。医師の診断により治癒を確認してもらってください。その際に、医師に本校所定の登校証明書に必要事項を記入してもらい、登校の際に提出してください。

  • 欠席の扱い
    学校感染症での欠席は、「出校停止」として扱いますので、欠席にはなりません。
登校証明書はこちら  [PDFファイル/73KB]

学校感染症を予防するために

  1. 予防接種が推奨されている疾患(麻疹、風疹、水痘、流行性耳下腺炎、百日咳)について、過去にかかったことがなく、予防接種を受けたことのない方は、保護者・主治医と相談のうえ、予防措置をとりましょう。
  2. 流行時期には混雑している場所への外出を控えましょう。
  3. 外出後の手洗い・うがいを習慣にしましょう。
  4. 咳が出るときはマスクをしましょう。
  5. 普段からの体調管理が大切です。「栄養・睡眠」を十分とり体力を維持しましょう。
  6. 咳や発熱が続くときは早めに医療機関を受診しましょう。
  7. 海外旅行中や帰国後に、発熱、発疹、下痢やおう吐などの症状が出たら、必ず医療機関を受診してください。

学校において予防すべき感染症の種類と出席停止期間の基準
(学校保健安全法施行規則第18条、19条による)

種類 内容 出席停止期間の基準
第1種 危険性の高い感染症(感染力が強く重症となる)。
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう
南米出血熱、ペスト、マールブルグ病
ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア
重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウィルス)
特定鳥インフルエンザ・中東呼吸器症候群(MERSコロナウィルス)
治癒するまで
第2種 放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症。主に飛沫感染で広がる。
インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く) 発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するか、又は5日間の適切な抗菌薬療法が治療終了まで
麻疹(はしか) 発疹に伴う発熱が解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下線、又は舌下腺の腫脹発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風疹(三日はしか) 発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう) すべての発疹がかさぶたになるまで
咽頭結膜熱(プール熱) 発熱、咽頭熱、結膜炎などの主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核 医師により感染のおそれがないと認められるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 医師により感染のおそれがないと認められるまで
第3種 飛沫感染が主体ではないが、放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症。
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス、パラチフス
流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎
医師により感染のおそれがないと認められるまで
その他※ 感染性胃腸炎、溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症など 医師により感染のおそれがないと認められるまで

※第3種の感染症として扱う場合もある。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)