Graduate School of
Infomation
Networking for
Innovation and
Design

Course of Infomation
Networking for
Innovation and Design

情報連携学研究科

情報連携学専攻
博士前期課程 | 博士後期課程

赤羽台キャンパス

Scroll Down

Professor

インターネットの発達は、社会を大きく、そして急速に変えつつあります。
そのような中で、社会や学術を更に発展させるためには、コンピュータ・サイエンスとさまざまな分野の間の、より生き生きとした連携が必要です。
多数の分野が互いに連携することによって、学術と社会の健全な発展が可能になる、と私たちは考えています。
これが情報連携学の考え方です。この考え方を学術的に更に深めるため、
既設の博士前期課程に加えて、博士後期課程をこのたび設置いたします。
大学・大学院を新たに卒業・修了される方はもとより、さまざまな分野で活躍されている社会人の方々を歓迎します。

情報連携学研究科長 
花木 啓祐 教授

情報連携学研究科では、IoTやビックデータなど最新のコンピュータ・サイエンスの研究をできるとともに、その応用としてビジネス、デザイン、そしてシビルシステムの各分野の研究もできます。教員は学術的に優れた業績を挙げている者や企業で最先端の研究開発に中心的に携わった者など多彩な人材が揃っています。講義では、IoTの社会への実装例を通した最新の研究とともに、情報技術の社会との関わりについて学ぶことができます。
そして、本研究科の建物自体が、建物内のあらゆる場所にセンサーを配置しているIoTの壮大な実験場になっています。以上より、本研究科は、IoTに興味を持つ全ての人にとって充実した時間を過ごせることをお約束します。

情報連携学専攻長 
後藤 尚弘 教授

Professor Interview

情報連携学研究科長
花木 啓祐 教授

使う側ではなく、創る側に立って研究

Q.先生の研究内容と、その魅力について
教えてください。

情報に関する技術も、応用する先があってこそ意味がありますし、社会を変えていくことができます。私たちのくらしにどのように情報技術を組み込んでいくか、そのしくみを研究しています。皆さんの毎日の生活を考えてみて下さい。その応用方法はほとんど無限の広がりを持っています。そのシステムを使う側ではなく、創る側に立って研究できることは魅力的です。

Q.今、社会に求められている人材とは
どのようなものか、
先生のご意見をお聞かせください。

今の社会の変化はとてもダイナミックで、速度も大きいことは皆さん経験しておられるとおりです。その中で活躍できる人材とは、単に記憶した知識を使うのではなく、経験や知識を元にして、自分自身で考え、応用することができる人です。しかし、一人ですべての問題を解決することはできません。他の人と協力して問題解決と新たな創造をできる人が望まれています。

Q.情報連携学研究科で学生に
身に付けてほしい力について
教えてください。

これまでに大学時代に得た知識、あるいは社会人としての仕事の経験と知識を基本にしつつも、それにとらわれることなく、新たな力を身につけてもらいたいと思います。その力とはいろいろな専門分野の知識や専門家と協力して、新たな研究を作り出す能力です。そのような能力があれば、向かい合うさまざまな課題に対して、専門家として新しいアイデアとそれを実現するしくみを示す事が可能になるでしょう。

プロフィール

氏名
花木 啓祐(はなき けいすけ)
経歴
1980年 3月 東京大学大学院工学系博士課程(都市工学)修了
1993年 1月 東京大学先端科学技術研究センター 教授
1998年 4月 東京大学大学院工学系都市工学専攻 教授
2017年 4月 東洋大学情報連携学部 教授
専門
環境学、都市工学、地球環境学
著書
『都市環境論』(岩波書店 2004年)
「第1章 循環型社会の考え方」
『サステイナビリティ学 3.資源利用と循環型社会』(東京大学出版会 2010年)
「人間活動が地域環境に与えるインパクト」
『地域環境システム』 佐藤慎司編(朝倉書店 2011年) など
(掲載されている内容は2017年4月現在のものです)
close

情報連携学研究科
情報連携学専攻
中村 光宏 教授

情報技術とデザインの融合

Q.先生の研究内容と、その魅力について
教えてください。

私の専門はプロダクトデザインです。プロダクトデザインは、生活者の身近にある製品(車、電化製品、家具、雑貨など)のデザインのことを言います。最近は、スマートフォンやタブレットなどタッチパネルと画面表示を利用し操作する製品も多く、グラフィカルユーザーインターフェースデザインもプロダクトデザインに含まれると考えています。基本的には大量生産・大量消費を前提としているために、多くの生活者が目にし、手に取り、使用するモノやコトのデザインです。
プロダクトデザインの一番の魅力は、自分の作品が生活の中で利用されることにあります。私がデザインしたヘッドホンやヘッドホンステレオプレイヤーは、その製品の特性上、生活者が実際に使用しているところを様々な場所で目にしました。さらに、TVドラマや映画で使用されたり、多くの雑誌に取り上げられる時の喜びは言葉で言い表すことができません。もちろん、モノの使いやすさ、機能性、美しさの追及には多くの時間を要しますし、それ以外にも経営者、商品企画者、エンジニア、製造所などとの合意形成なども困難なことがたくさんあります。ただ、世の中に自分の作品が評価されるということは、その苦労を忘れさせてくれます。
一方で、デザインはその生活者の人生に深くかかわります。使い勝手が悪ければ、その人の人生のその瞬間を台無しにしてしまう。とても責任が重く、時には一本の線を引くことすらためらうことがありますが、人の人生に深くかかわっているという充実感もプロダクトデザインの魅力であり、プロダクトデザイナーをやっていてよかったと思える瞬間です。

Q.プロダクトデザインの
「いま」について教えてください。

現在、私が研究をしているのは、サステナブルデザインと呼ばれるものです。これまでのプロダクトデザインの多くは大量生産、大量消費を前提としたものでしたが、21世紀型のサステナビリティー(持続可能性)に配慮した社会実現への期待が増す中で、そこにデザインの果たす役割があるのではないか、と考えています。
地球温暖化のみならず、少子高齢化や貧困、格差社会など多くの課題を抱えている社会に対し、デジタル技術や情報連携技術を活用し、生活者の感性や知性に沿った21世紀型のプロダクトデザインであるサステナブルデザインの在り方とその手法を確立することを研究の目的としています。

Q.情報連携学研究科で学び、
研究することの
魅力について
教えてください。

現在では、様々な分野でコンピュータを利用した製品開発が主流になってきております。また、製品自体も、特に、車や家電製品はインターネットにつながり、ネットワークによる情報連携により暮らしが豊かになってきています。コンピュータサイエンスをベースにしたプロダクトデザイナー(ハイブリッド型デザイナー)、言い換えれば、情報技術とデザインを融合し理解を深めた専門性のあるデザイナーが、これからは広く社会に求められると考えます。さらに、企業における製品開発では、専門性が異なる多くのエキスパートと一緒になってプロジェクトを遂行します。情報連携学研究科でも、コンピュータサイエンスをベースにしつつ、「エンジニアリング」、「デザイン」、「ビジネス」、「シビルシルテム」と4つの専門性が異なる研究者が集まり、連携しながらプロジェクトを遂行するプログラムが準備されています。社会のニーズに応えたより実践的な研究ができる環境と経験豊富な教授陣が整っているところが魅力だと考えます。大学での4年間では足りず、より専門性を深めたい学生の方も、いったん社会に出て、再び、更なる専門性を深めたい、また、新たな専門性を身に付けたい社会人の方も、是非、チャレンジしてみてください。

プロフィール

氏名
中村 光宏(なかむら みつひろ)
経歴
1983年 3月 九州芸術工科大学(現、九州大学)大学院芸術工学研究科 修士課程修了
2008年 7月 ソニー(株)クリエイティブセンター チーフアートディレクター
2014年 4月 東洋大学 ライフデザイン学部人間環境デザイン学科 非常勤講師 現任
2014年 9月 (株)サステナブルデザイン研究所 代表取締役 現任
2015年 7月 東京大学 先端科学技術研究センター 特任研究員
2016年 4月 東京大学 先端科学技術研究センター アドバイザー 現任
2016年 9月 東北大学大学院環境科学研究科博士課程修了 博士(学術)
2017年 4月 東洋大学情報連携学部 教授
専門
プロダクト・デザイン
受賞
■GOOD DESIGN賞 公益財団法人日本デザイン振興会(日本)
・1995年 平成7年度 GOOD DESIGN 賞受賞
(デジタルマイクロレコーダー NT-2)
・1997年 平成9年度 GOOD DESIGN 賞受賞
(ストリートスタイルヘッドホン MDR-G61)
・1999年 平成11年度 GOOD DESIGN賞受賞
(ポータブルCDプレーヤー D-E01)
・2012年 平成24年度 GOOD DESIGN賞サステナブルデザイン賞・経済産業大臣賞受賞
 (家庭用小型蓄電池 CP-S300 シリーズ)
・2016年 平成28年度 GOOD DESIGN賞受賞
(電子ペーパー楽譜表示端末 "musik")
■発明賞 公益社団法人日本発明協会(日本)
・1999年 平成11年度 発明賞受賞
(ネックバンド方式ヘッドホン MDR-G61)
■iF Design Award(ドイツ)
・1997年 ストリートスタイルヘッドホン MDR-G61
・1999年 ポータブルCD プレーヤー D-E01
■Red Dot Design Award(ドイツ)
・1997年 ストリートスタイルヘッドホン MDR-G61
・1999年 ポータブルCDプレーヤー D-E01
■MONO マガジン(日本)
・1997年 SUPERGOODS OF THE YEAR 編集部特別賞
 ストリートスタイルヘッドホン MDR-G61
(掲載されている内容は2017年4月現在のものです)
close

情報連携学研究科
情報連携学専攻
富田 亜紀 教授

ダイヤの原石のようなアイデアを事業に育てる

Q.今、社会に求められている人材とは
どのようなものか、
先生のご意見をお聞かせください。

事前準備が完璧ではなくとも、まず、チャレンジし、ベストエフォートを尽くすことができる人材だと思います。ある日本最大手の完成車メーカーの方が、世界中でオペレーションを行っていると何も起きないように事前に準備することは非現実的である。だから、何か起きたときどうするかを日頃から考えているのです、とおっしゃっていました。とにかくチャレンジすることができる人材が、求められていると思います。

Q.情報連携学研究科で学び、研究することの
魅力について教えてください。

文・芸・理の連携教育が行われていることが魅力だと思います。ビジネス・インキュベーションとは、ダイヤの原石のようなアイデアを、ビジネス環境に適応させることでブラシュアップし、事業に育てることだと思っています。「アイデア」自体についても学びながら、ビジネス・インキュベーションを研究できる環境は魅力的であると思います。

Q.情報連携学研究科で学生に
身に付けてほしい力について
教えてください。

チャレンジを繰り返すことができる粘り強さです。私は、PDCAサイクルを回してチャレンジを繰り返すビジネス・インキュベーション手法について研究していますが、PDCAサイクルを回して前に進むことはこれまでに私が転職をしたり、資格取得のための受験勉強をしたりしているときに実際に行ってきたことです。困難な環境にあっても、PDCAサイクルを回し、目標達成に向けて改善策を作成し続けることができるようになって欲しいと思います。

プロフィール

氏名
富田 亜紀(とみた あき)
経歴
1996年 3月 東京大学大学院理学系研究科博士課程(情報科学)修了(理博)
1996年 4月 日立製作所 中央研究所 入社
2008年 1月 みずほコーポレート銀行(現みずほ銀行)産業調査部事業金融開発チーム 参事役
2017年 4月 東洋大学情報連携学部 教授
専門
税務会計学、経営学、情報科学
論文等
・国際課税ルール見直しを見据えた海外事業戦略-OECD「BEPS行動計画」が、本邦多国籍企業の海外事業戦略に与える影響、富田亜紀、みずほ銀行産業調査部、2014年
・国内サービス産業の成長戦略に関する検討-米国サービス企業との比較から-、富田亜紀、みずほコーポレート銀行産業調査部、2012年
・Logical partitioning method for storage system(米国特許番号:7,516,294)、Aki Tomita、2009年
・A Scalable, Cost-Effective, and Flexible Disk System Using High-Performance Embedded-Processors , Aki Tomita, Naoki Watanabe, Yoshifumi Takamoto, Shigekazu Inohara, Frederico Buchholz Maciel, Hiroaki Odawara and Mamoru Sugie, Proceedings of 2000 International Conference on Parallel Processing, 317-326頁, 2000年
・Improving Design Dependability by Exploiting an Open Model-Based Specification, Aki Watanabe Tomita and Ken Sakamura , IEEE Transactions on Computers , Volume 48, Number 1, 24-37頁, 1999年
(掲載されている内容は2017年4月現在のものです)
close

情報連携学研究科
情報連携学専攻
別所 正博 准教授

様々なプレイヤと連携しプロジェクトを進める

Q.先生の研究内容と、
その魅力について教えてください。

私は、これまで「都市環境に多数の位置認識デバイスを埋め込み、それを用いて人の移動を支援する」というテーマで、研究を行ってきました。
現在広く使われているGPS等では、屋内や地下を含む都市環境では位置を正確に知ることはできませんが、環境中に小型の位置認識デバイスを埋め込めば、どこでもきめ細かく自分の位置がわかるようになります。位置が正確にわかれば、美術館や博物館のガイド、ショッピングセンターの案内、車椅子利用者を対象としたバリアフリーナビなど、様々な応用が実現します。さらに近年では、鉄道などの公共交通のデータ、防災データなど、様々なデータがリアルタイムに取得できるようになりつつありますが、これらを組み合わせれば応用の幅はさらに広がります。
あらゆるモノが繋がるIoT時代といわれる今、位置情報サービスは、さらなる発展の可能性を秘めていると思います。

Q.ご自身の専門分野に興味を
持ったきっかけを教えてください。

大学生の時に坂村健教授の講義を受けたのですが、その中で、「コンピュータの進化はただ速くすることだけではない、小さく見えなくするという方向もある」ということを知り、ユビキタス・コンピューティングや、今で言うIoT(Internet of Things)の分野に興味を持ちました。大学院時代には、東京大学の坂村研究室に所属し、「場所に基づく情報サービス」をテーマに研究を行うことにしました。坂村先生は多数の大きなプロジェクトを進められていましたが、東京ミッドタウンでのアートツアーの構築や、銀座、神戸、奈良など様々な地域での実証実験など、多数のプロジェクトに関わる機会に恵まれました。

Q.情報連携学研究科で学び、研究することの
魅力について教えてください。

いま「情報」の分野は、とても面白い時代です。特別な資格、高価な機器がなくても、プログラミングをはじめとしたコンピュータサイエンスの知識とスキルさえ身につければ、誰でも新しいものを作り世に出せる、これまでにない時代が来ていると思います。私自身も、この数年は坂村先生のもとで、研究の成果を「ココシル」というスマートフォンアプリとして、実用化することに取り組んできました。
情報連携学研究科では、様々なプレイヤと連携しプロジェクトを進める機会があると思います。ぜひ自分の成果を世の中に出すつもりで、研究に取り組んで頂ければと思います。

プロフィール

氏名
別所 正博(べっしょ まさひろ)
経歴
2008年7月 博士(学際情報学)(東京大学)
2013年3月 東京大学大学院情報学環 特任講師
2016年4月 YRPユビキタス・ネットワーキング研究所 研究開発部長
2017年4月 東洋大学情報連携学部 准教授
専門
Ubiquitous Computing, IoT(Internet of Things), Location-based Service, Assistive Technology
論文
・Jee-Eun Kim, Masahiro Bessho, Shinsuke Kobayashi, Noboru Koshizuka, Ken Sakamura, “Navigating visually impaired travelers in a large train station using smartphone and bluetooth low energy”, in Proceedings of the 2016 ACM symposium on Applied computing, pp.604-611, 2016.
・Jee-Eun Kim, Masahiro Bessho, Noboru Koshizuka, Ken Sakamura, "Enhancing Public Transit Accessibility for the Visually Impaired using IoT and Open Data Infrastructures", The First International Conference on IoT in Urban Space, pp.80-86, 2014.
・別所正博, 小林真輔, 越塚登, 坂村健,「ユビキタスコンピューティングと屋内環境の位置認識」, 電子情報通信学会誌, 小特集「ユビキタス時代の屋内位置検知技術」, Vol. 92, No. 4, pp. 249-255, 2009.
・Masahiro Bessho, Shinsuke Kobayashi, Noboru Koshizuka, and Ken Sakamura, “uNavi : Implementation and Deployment of a Place-based Pedestrian Navigation System”, In Proceedings of the 1st IEEE International Workshop on Software Engineering for Context Aware Systems and Applications, pp. 1254-1259, 2008.
・Masahiro Bessho, Shinsuke Kobayashi, Noboru Koshizuka, and Ken Sakamura, “A Space-Identifying Ubiquitous Infrastructure and its Application for Tour-Guiding Service”, In Proceedings of the 2008 ACM symposium on Applied computing, pp. 1616-1621, 2008.
(掲載されている内容は2017年4月現在のものです)
close