MENUCLOSE

Chairman 理事長

Incorporated Educational Institution
Chairman, Toyo University  Takashi Anzai

Message from the Chairman

I am honored to have been elected to serve Toyo University as its Chairman. Being deeply aware of the weighty responsibility expected of the role in terms of supporting the young generation in building their future, I am determined to devote myself to the further development of the university.

Toyo University was established by Dr. Enryo Inoue in 1887, with the aim of developing, through the teaching of philosophy, outstanding individuals who could work for social reform. Over the past 130 years, it has grown into an academic institution that offers a range of humanities and science courses while building its unique tradition.

Looking back on my own past, I think that life is an ongoing series of episodes of learning and striving, and school education is the key to building the capacity required to lead such a challenging life. For this purpose, Toyo University is willing to help individual students actively enjoy learning and building up achievements— and to help them increase their confidence and pride in doing so—which will in turn propel the development of the university. I will work to support its development so that all involved, including students, alumni, the research and teaching faculty, and administrative personnel, will share a strong feeling of pride in this university.

Looking at the outside world, society is constantly undergoing political and economic change on a global scale, chiefly led by ever-advancing technological innovation, which is affecting the academic sector. To be able to continue to develop in this challenging environment, we will need to take appropriate action. To this end, vitally important is a solid, single-minded commitment to maintaining our basic beliefs. Those beliefs are about the importance of “ruminating on our ourselves,” which reflects the founder’s core philosophical spirit.

Toyo University has launched various plans under the Top Global University Project. Students, faculty and administrative personnel and directors will work together to promote this project, practicing the “think and act” and “act and think” approach.

 

December 2018

 

Biography

Apr.1963

Joined the Bank of Japan

Dec.1994

Executive Director, the Bank of Japan

Nov.1998

President, The Long-Term Credit Bank of Japan, Ltd.

Aug.2000

Adviser, Ito-Yokado Co., Ltd.

Apr.2001

President, IY Bank Co., Ltd.(currently Seven Bank, Ltd.)

Dec.2009

Trustee, Toyo University Incorporated Institution

Jun.2010

Chairman, Seven Bank, Ltd.

Jun.2018

Senior Executive Adviser, Seven Bank, Ltd.

Dec.2018

Chairman,Toyo University Incorporated Institution


Read more

学校法人 東洋大学 理事長 安斎 隆

メッセージ

この度理事長に就任した安斎でございます。東洋大学のさらなる発展に誠心誠意尽力する決意をしました。未来ある若い世代に対する責任の重さに思いを致すとき、身の引き締まるのを覚えます。

東洋大学は、1887年創立者井上円了先生により哲学教育を通じ、社会の改革に奉仕する優れた人材を育成することを目的に設立された130年余の歴史と伝統のある総合大学です。

来し方を振り返ってみると、人生は毎日が学びと努力の連続であり、それに耐えうる力は学生時代に養成されるように思います。この歴史ある本学のさらなる発展は、ここで学ぶ皆さんが学ぶことに生きがいを感じ、その成果が蓄積されていくことに喜びを感じ、自信を持ち、それを誇りに思うようになることにかかっています。その中で、学生、生徒、園児の皆さんをサポートし教育研究活動に勤しむ教職員や、卒業生の皆さんにも本学を誇らしく感じてもらえるようになることを願ってやみません。

われわれを取り巻く環境には、世界的な政治経済情勢の激しい変化や止まることのない技術革新など、厳しいものがあります。本学は、そういう中で生き続けるために的確に変化に対応していくことが求められています。しかし右往左往することは許されません。いつも基本を忠実に守るという決意と愚直さが極めて重要となります。本学の基本とは、創立者井上円了先生が求められた「哲学する」という言葉に凝縮されているように、自ら真剣に自分の未来を「考える」ということではないでしょうか。すでにスーパーグローバル大学の実現を目指した計画は動き出しました。学生、教職員、役員の皆さんと、共に「歩きながら考え」、「考えながら歩き」ます。

2018年12月

 

略歴

(昭和38)年4月1963

日本銀行 入行

(平成6)年12月1994

日本銀行 理事

(平成10)年11月1998

日本長期信用銀行 頭取

(平成12)年 8月2000

株式会社イトーヨーカ堂 顧問

(平成13)年 4月2001

株式会社アイワイバンク銀行(現 株式会社セブン銀行)代表取締役社長

(平成21)年12月2009

学校法人東洋大学 理事(現在に至る)

(平成22)年 6月2010

株式会社セブン銀行 代表取締役会長

(平成30)年6月2018

株式会社セブン銀行 特別顧問

(平成30)年12月2018

学校法人東洋大学 理事長

Read more