MENUCLOSE

福祉社会デザイン研究科福祉社会システム専攻の目的・3つのポリシー

Read more

画像:福祉社会システム専攻

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

【修士課程】
(1)どのような人材を養成し、どのような人材を世に送り出すか
実践的な社会学・社会福祉学の基礎理論を踏まえた学際的研究を行い、福祉社会の形成に貢献する実務者と研究者を養成することを目的とする。

(2)学生にどのような能力を習得させるのか等の教育研究上の目的
研究の基礎的技能を学ぶ「研究基礎論」と、そのほか、社会調査の方法論を基礎科目に配置し、社会問題や社会福祉の実践に関わる実務家・研究者として、社会事象を調査・分析する能力や学際的な研究を展開する能力を習得させることを目的とする。

ディプロマ・ポリシー(修了要件・学位授与の方針)

【修士課程】
人材養成の目的を踏まえ、以下の資質や能力を身につけたうえで、所定の年限・単位数等を満たし、修士学位論文または特定の課題についての研究の成果(特定課題研究論文)の審査及び最終試験に合格した者に対して、修士の学位を授与する。              
(1)社会的課題をアセスメントする能力を身につけている。
(2)社会的課題を調査・分析する能力を身につけている。
(3)社会・福祉的課題を客観的に把握、評価、分析する態度・能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

【修士課程】
(1)教育課程の編成/教育内容・方法
ディプロマ・ポリシーの達成のために、「研究基礎論」、「社会調査」関連科目や社会学の基礎知識を学ぶ「社会学的認知論」を共通科目に配置し、地域社会システムコース、保健福祉システムコース、地域福祉システムコースの3コースと「研究指導」を適切に組み合わせた教育課程を体系的に編成している。共通科目に配置した「社会調査」関連科目をとおして、社会事象を調査・分析する方法を教授し、3コースの特徴を生かした授業科目での履修と研究指導を融合した研究指導体制をとおし、社会科学的視点から福祉社会の課題へ実践的にアプローチし、調査・分析することを教授する。さらに、研究指導では、修士論文執筆に向けた実践的な課題への取り組みを指導する。

(2)学修成果の評価
学修成果については、客観性及び厳格性を確保しつつ、以下の要素・方法により評価する。
①授業科目については、あらかじめ示す成績評価基準に沿って、各授業科目のシラバスに記載されている方法により、授業担当教員が評価する。
②研究指導については、研究過程における達成度を、あらかじめ示す研究指導計画をもとに、中間報告会等を通じて、研究指導教員および本専攻所属教員により組織的に評価する。
③学位請求論文については、あらかじめ示す論文審査基準、審査体制に基づき、評価を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

【修士課程】
人材養成の目的を踏まえ、入学希望者の特性(社会人など)に応じた適切な方法で多様な入学者選抜試験を実施し、筆記試験、面接、書類選考等を通じて、以下の資質や能力を示した者を受け入れる。主に次のような能力、資質、意欲を持つ学生を積極的に受け入れる。
(1)社会学、社会福祉学、社会調査の方法について基本的な知識のある者。
(2)広義の社会学、社会福祉学を専門的に学ぶための基礎的研究能力がある者。
(3)社会における実践や社会福祉実践に関わり、その実践をまとめ、新たな展開の方向性を見出す意欲のある者。

Read more