MENUCLOSE

大学院で学びたい方

在学生の方


福祉社会デザイン研究科 先輩からのメッセージ(太附 広明さん)

Read more

ヒューマンデザイン専攻 博士後期課程3年 太附 広明さん

太附さん写真

管理職もしていますので大学院での学びを通して職場の学術性を高めたいと考えています。

その結果、優秀な人材が集まり臨床と研究の質が向上すると考えています。

Q. 進学しようと思った動機・経緯は?

理学療法士というリハビリテーション専門職として総合病院に勤務しながら修学しています。臨床医学の場面での疑問点や問題点を研究したいと考えていました。

Q. 大学・大学院で学んでみて気づいたこと・発見したことは?

研究を進める際には周囲の意見や指導者の存在が大きいと感じています。研究で悩んだとき、教授による指南によって次に進めたことが度々あり、感謝しております。

Q.なぜこの大学・大学院を選んだのですか?

夜間の授業・講義ですので、仕事をしながら勉強できる点が大きいです。
進学説明会に参加して、担当教授を紹介して頂き、直接話しをして決めました。

Q. 大学・大学院での学びを通して得たものは?

研究の進め方や理論の立て方についてです(まだまだ未熟ですが・・・)。それと時間の使い方についてです。焦らず、出来るだけ早く取りかかることを心掛けています。

Q.現在の研究テーマと授業内容について教えてください。

研究テーマは「入院期高齢心疾患患者における心肺機能と運動機能の関連性ー心肺運動負荷試験指標と最大歩行速度ならびに階段昇降速度との関連」です。心疾患で入院した高齢患者さんに心臓リハビリテーションを施行し、可能な限り退院前に心肺運動負荷試験を実施しています。この心肺運動負荷試験結果と運動機能の関連性を研究しています。

授業内容は研究テーマに関する研究指導が中心です。自分の研究テーマに関連する内容を学会発表や論文作成にもしていますのでそれらの指導も受けています。同じ担当教授のゼミには修士課程の院生もいますのでお互いの研究内容、進捗状況を発表・議論しあっています。

Q. 将来への展望は?

管理職もしていますので大学院での学びを通して職場の学術性を高めたいと考えています。その結果、優秀な人材が集まり臨床と研究の質が向上すると考えています。今後はチームとして青少年のスポーツ障害予防、小児の発達養育、高齢者介護予防など地域保健福祉に貢献したいと考えています。

Q. 1日 のスケジュールは?

平日と土曜午前は仕事に従事しています。したがって論文や研究資料作成は仕事の合間を縫って平日の朝や夜間、休日を利用しています。

授業は週に2コマの出席ですが、仕事の都合などで出席できない場合は他の日に変更したり、電子メール等でやりとりをしています。

Q. 東洋大学大学院を目指そうとする受験生にむけて一言メッセージをお願いします。

私が大学院で受けている授業は夜間であるため、仕事をしながら就学しております。
若い方だけでなく、私のように社会人で仕事を続けながら大学院で学びたい方にはお勧めです。
また、学会発表や論文発表を支援頂ける奨励金制度もありモチベーションが上がります。



掲載されている内容は2015年6月現在のものです。

福祉社会デザイン研究科先輩からのメッセージトップへ

Read more