MENUCLOSE

社会学研究科社会心理学専攻 主な研究テーマ

Read more
社会心理学専攻
主な研究テーマ

先輩の研究テーマ紹介 (所属・内容は取材時のものです)

陸さん写真

佐藤さん写真
研究によって、日本と韓国の間にある見えない距離感をなくしたい。 自分の研究をもっとちゃんとした形にしたいという気持ちが強くなって、
研究者の世界に行きたいと思ったことがきっかけでした。

社会心理学専攻
博士後期課程1年
陸 英善さん

社会心理学専攻
博士後期課程3年
佐藤 重隆さん

2017年度 修士論文テーマ

現代青年の自己の変動性・多面性と適応―自己構造の区分化の観点から―
他者への共感がセルフ・モニタリングに及ぼす影響
MCIIの継続的な取り組みがグリットの向上にもたらす効果
シャーデンフロイデに関する一研究―他者の公正さと結果に対する関与度に着目して―

 

2016年度 修士論文テーマ

在日中国人留学生の異文化適応を促進・抑制する要因に関する検討
衝動抑制トレーニングがセルフコントロールの向上にもたらす影響
大学生における自己愛傾向とSNS上での自己表出
大学生の逆境体験とレジリエンス要因の関連―問題解決志向に焦点を当てた介入―
在日中国人留学生の日本人イメージ及びその規定要因
社会的迷惑行為に対する在日ベトナム人留学生の意識について
中国の青少年における非行・犯罪要因ー対人関係、学校適応感、規範意識の分析ー

 

2015年度 修士論文テーマ

情報機器の「使いにくさ」に対するフィードバックの有用性―人間中心デザインの観点から―
在日ベトナム人留学生による万引き犯罪行動と規範意識について
青年期におけるSNS利用と性格特性
青年期の成人愛着スタイルと大学生の友人関係―主観的幸福感との関連の検討―
認知的方略と帰属スタイルの関連および学業的遂行への影響

 

博士後期課程

潜在的自己不一致と自尊感情の関連
感情表出のレベルが表情認知の正確さにおよぼす影響の日韓米比較研究
児童ポルノに類するマンガが性的犯罪に及ぼす影響―女児に対する性的行為の容認態度とネガティブ行動の検討
幸福感の変動・持続/順応・変化の検討
男性に対するバックラッシュ効果とその動機
進化心理学に基づく配偶者獲得行動に関する研究
死因の推定に関わる心理学的要因の検討―日本方式の心理学検死の開発に向けて
電車内痴漢行為の抑止・冤罪防止
セルフコントロールのトレーニングとそのメカニズムに関する検討
アルコール依存症からの回復事例研究
どのような要因が欺瞞性認知を引き起こすのか -生理指標の変化の視点から-
ユーモアの認知的過程における感情調節効果についてー認知的ユーモアストレスコーピング尺度の作成ー

※博士論文は東洋大学学術情報リポジトリより閲覧可能です。

東洋大学学術情報リポジトリ

 

Read more