MENUCLOSE

ATHULYA ARAVIND 学際・融合科学研究科 先輩からのメッセージ(アラヴィンド・アテューリャさん)

The contents of her interview as of May 2010

I wish to develop the effective medical methods of breast cancer by the most advanced bionanotechnology and to contribute the future of India and Japan.

Athulya Aravind

Athulya Aravind

New Science Bio-Nano Science Fusion Course

Q. What made you to choose Toyo University for your research studies?

I had completed my Masters course in Biotechnology and had been working as a lecturer in India for 1 year. During that time I had been to Japan for a three-month-training and had an opportunity to meet Dr. Kumar, Professor, Bio-Nano Electronic research center, Toyo University and through him, I came to know about the various facilities and opportunities available at Toyo University. I was inspired by sensei's talk and due to my interest in research I joined at Toyo University in autumn 2009.

Q. What is your present research? Can you briefly explain?

My research is on breast cancer. The present cancer therapy utilizes chemotherapy and surgery, a non-specific treatment option which harm the cancer cells as well as the normal cells. Hence my work focuses on exploiting the bionanotechology options for synthesizing nanosized delivery particles which specifically targets the tumor cells alone. I believe its going to be a happening and important research area in future.
I consider it to be a great luck to study in this great institution which provides all the required research facilities and to work under visionary faculties.

Q. Were you a self financing student?

Yes, I joined Toyo University as a self financing student in the autumn term of 2009. After joining here I applied through university for various scholarships and after lot of search, from the month of April 2010 I am awarded Monbukagakusho scholarship. As this scholarship comprises of the full tuition fees, living expenses and return ticket to my country after studies I feel at ease and could concentrate more on my research work. Monbukagakusho scholarship selection through university was highly competitive and I heard that this year only one student from Toyo University was admitted for this prestigious scholarship and luckily that was me. I wish to contribute my research work for the development of Japan and India.

Q. What are the hardships you faced while coming over to Japan for higher studies?

I had been to Japan before for a three-month-training in Japanese language and culture so that Japan was familiar to me. Also I had the opportunity to meet my sensei, Dr. Kumar and know about Toyo University and the research facilities. Hence I didn't have much difficulty to cope up with the environment. My work is guided by Kumar sensei and since the communication is mainly through English we don't have language problem. My little Japanese language knowledge also helps me to mingle and request help from other students and staffs while working in other labs. Everyone in the campus is so friendly and very helpful.

Q. What are the surprising facts you found while comparing India and Japan?

There are lots of surprising similarities between Indian and Japanese culture. We too have the same offering prayers during the time of harvest like the Japanese customs. When I came here before each and everything was surprising for me. Japanese people are very loving and hardworking people. I live in Tokyo with my friends, compared to Tokyo, India is more populated but the Japanese people maintain the public places very clean and neat.
I hail from Kerala, the southern part of India. Compared to Delhi, Kerala doesn't have winter hence winter and snow in Japan was a new experience for me.

Q. Your research is 3 years right? You plan to return back to your country after studies?

I plan to go back to India after studies and wish to continue my research along with teaching profession. Research in bionanotechnology is a never ending process. I don't know how much far I can proceed with my work within these 3 years but I wish to complete as much as possible at least up to invitro experiments results using rats. Breast cancer is a serious health issue among women even in India hence I focus all my efforts for developing effective treatment strategy for breast cancer.

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Read more

バイオ・ナノサイエンス融合専攻 博士後期課程1年 ATHULYA ARAVIND(アラヴィンド・アテューリャ)さん

掲載されている内容は2010年5月現在のものです。

[ 日本語 | English ]

写真:アラヴィンド・アテューリャさん

最先端のバイオナノテクノロジーで、乳ガンの効果的医療法を開発し、インドと日本の未来に貢献したいと思います。

Q.東洋大学大学院を選んだ理由を教えてください。

インドの大学院でバイオテクノロジーのマスターコースを修了後、1年間大学で講師をしていました。その時に、東洋大学教授のクマール先生と出会い、東洋大学のことをいろいろ聞いて興味を持ったことがきっかけで、2009年の秋に来日しました。
最先端の設備や教育体制など、研究するための環境が整っていたことが選んだ理由です。

Q. 現在は、どのような研究をしているのですか?

私は乳がんの研究をしています。化学療法で抗がん剤を投薬する場合、現在の治療は良性の細胞まで殺してしまいます。私は、バイオナノ技術を使って、悪性のがん細胞だけを死滅させることができる医療法を研究しています。未来のためにとても大事な研究だと思います。先生方もサポートしてくださるし、必要な設備が整っていてとても研究がしやすく、ここに入学できてよかったと思っています。

Q.最初は私費留学で来られたそうですが。

来日当初は私費留学でしたが、日本に来てから国費留学生に応募し、今年の4月から採用されました。授業料、生活費はもちろん、帰りのチケットまで給付されるので、安心して研究に集中できます。国費留学生の国内採用は年々狭き門になっていて、東洋大学で今年選ばれたのは私ひとりと聞いています。日本とインド、両国に貢献することが私の目標です。

Q.留学するにあたって、不安なことはなかったですか?

日本語と日本の文化について、3か月間勉強してきましたし、指導教授のクマール先生からいろいろ伺っていたので、特に不安はありませんでした。研究はクマール先生と相談しながら取り組んでいます。先生とのコミュニケーションは英語ですし、他の先生も英語を話す方が多いので不便はありません。日本語も少し話せるので、他のラボに行って道具を借りたりする時は、日本語で話したりします。皆さん、とても優しい方ばかりです。

Q.日本とインドとの違いで、困ったり驚いたりしたことはありますか。

日本の文化とインドの文化は似ているところもあります。稲作を行い、豊作を神に祈るのは同じです。でも初めて来た時は、すべてのことに驚きました。日本人はとても優しくて勤勉で、街はとてもきれいですね。インドは東京よりもさらに人口密度が高く、もっとごちゃごちゃしています。私は南インドのケララというところから来たのですが、冬がなく、デリーなどと比べても常に暑いので、日本の冬の雪にも驚きました。

Q.留学期間は3年間ですね。その後はインドに帰られるのですか?

修了後はインドに帰って、研究を続けながら大学の教員になりたいと思っています。バイオナノテクノロジーの研究は日々進化し終わりがありません。今はまだどこまでできるかわかりませんが、3年間でラットでの実験において成果を出すことが目標です。インドでも乳がんが増えていて、女性の健康にとって一番の問題になっているので、研究に全力を尽くしたいと思います。

学際・融合科学研究科先輩からのメッセージトップへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Read more