MENUCLOSE

教員が語る大学院の魅力(食環境科学専攻 矢野友啓教授)

Read more

矢野教授   

東洋大学大学院食環境科学研究科長 矢野 友啓

Q.教員としてご自身の専門分野を踏まえ、「研究者として研究」することの意味とは?

基礎研究を通じて、その成果を実用化し、人類福祉の向上に貢献する

現代医療をもってしてもなかなか克服できない難治性の生活習慣病に、日本死亡第一位の悪性新生物(いわゆるがん)があります。がん予防・治療に関する方法論の構築につながる基礎研究を行うことが、最終的に人類最大の敵・がん撲滅につながり、最終的に人類福祉の向上に貢献できると思います。


Q.教員としてご自身が、研究者になった経緯をご紹介ください。

人類最大の敵、がん撲滅を目指して

自分の周囲の親しい人ががんで若くして亡くなり、そのことが自分にとってすごくショックで、自分の研究を通じて少しでもがん撲滅に貢献したいと決心し、現在のがん予防・治療につながる基礎研究を志しました。


Q.教員としてご自身のご専門分野について、現在までにどんなテーマを研究されているのかご紹介ください。

人類最大の敵、がん撲滅につながる基礎研究

大学院博士後期課程修了までは、化学成分の生体影響(毒性学)を研究し、その後はポストドクターの時に動物モデル(発がんモデル)を使った発がん機構の研究を行いました。厚生労働省国立健康・栄養研究所に入所してからは本格的にがん予防・治療に関する基礎研究を始め、最初は動物モデルを使ったがん予防に有効な食品機能性成分のスクリーニングの研究を行い、その後は細胞レベルでの抗がん作用の研究を行いました。また、世界保健機構(WHO)傘下である国際がん研究機構に厚生労働省から約2年間派遣された際に、分子生物学的なアプローチでがん抑制遺伝子の機能解析とその機能を使った新たながん治療法の構築に関する研究を行いました。帰国後、食品由来の機能性成分を使った新たな安全性の高いがん予防・治療法構築につながる基礎研究を開始し、現在に至ります。東洋大学に移ってからは、学生や共同研究者の先生の要望もあり、健康寿命の延伸につながる骨折予防や動脈硬化症予防につながる食品機能性成分の開発にも関与しています。


 Q.研究者として、つらかったことや、嬉しかったことは?

人の助けがあればこその成功

大学院博士後期課程の時、博士号を取得した直後に恩師が急死し、大学院修了後の進路が白紙になり、自分の進路に絶望したことがありました。その時に、無くなった恩師の知り合いの先生が手を差し伸べてくれ、2年間、現在の研究につながる基礎となる研究を行う機会を与えてくれました。さらに、国立健康・栄養研究所に研究員として採用される際も、運がよいことにその当時の上司が私の大学院時代の恩師の知り合いで、そのことが縁でスムーズに採用されることになりました。このような人との出会いや支援があったからこそ、現在の私があると思います。


Q.大学院で学ぶことの魅力とは?

自分で考え、行動し、結果を出す

学部とは違い、大学院は「自分で考え、行動し、結果を出す」 まさしく、この繰り返しだと思います。また、研究室運営の中心となり行動し、場合によっては教員に代わり、後輩を指導する機会もあると思います。「自分で考え、行動し、結果を出す」、この繰り返しこそ、大学院で学ぶ魅力であり、各自を成長させる原動力だと思います。東洋大学に移って十数名の大学院生を指導してきましたが、各自、自分なりに大学院生としての自覚を持ち、日々努力し、成長し、社会に巣立っていきます。この瞬間を実感できるのが大学教員としての特権であり、最大の喜びだと思います。


Q.大学院での学びを考えている受験生にメッセージを一言。

自分のキャリアアップを目指して

周囲の理解が得られ、状況が許し、自分が学部での教育だけでは満足できない諸君は、大学院に進学し、自分のキャリアアップを目指して下さい。そうすることで、自分の進路に自信が持て、将来展望が広がると思います。 


◆プロフィール

矢野 友啓(やの ともひろ) /東洋大学食環境科学部教授、東洋大学大学院食環境科学研究科長
【経歴】
千葉大学大学院薬学研究科博士後期課程修了(薬学博士)
横浜市立大学医学部第一病理学教室、国立健康・栄養研究所、WHO・国際がん研究機構を経て、
2010年4月東洋大学生命科学部食環境科学科へ着任後、2013年4月東洋大学食環境科学部食環境科学科着任、
現職に至る。

【専門】
がん病態生化学・制御学、がん補完代替医療学、食品機能学

【著書】
『Tocotrienols; vitamin E beyond tocopherols』(2008年)など

※掲載されている内容は2016年6月現在のものです。

Read more