MENUCLOSE

法学部ゼミ紹介(小坂ゼミ)

Read more

専門演習 刑法研究

コース5 教員:小坂 亮

ゼミの内容

・内容
刑法の重要問題を扱い、刑法の内容に対する理解を深めること、および、自らの見解をまとめられるようになることを目標としています。まずは、刑法総論から始め、刑法各論、刑事政策についても取組みたいテーマがあれば要望に応じています。

・形式
個人またはグループに分かれて、選択したテーマについて文献・判例等を調べ、レジュメを作成のうえ報告し、それにもとづいて全員で検討・議論を行います。議論への積極的な参加を通じて刑法の知識と論理的思考力とを身につけることを目指します。また、その成果を何らかの方法で形にすることを予定しています。

特徴・雰囲気・特別活動等について

・特徴
内容と形式をかなり自由にしているため、興味のあることを自由に試してみることができます。

・雰囲気
就活・各種試験勉強等で忙しくても、なんとなく毎回のゼミに行きたくなるような、心が安らぐ雰囲気の人間関係があるゼミでありつつ、その中で各々が互いに刺激となって自主的に自らの課題に取り組んで着実に結果を出すことを目指しています。

・特別活動
ゼミの時間外においても、さまざまな懇親会に加え、要望に応じて、刑務所等見学、裁判傍聴、合宿を行うほか、(法科)大学院進学希望者のために(法科)大学院生から勉強の方法をきく機会を設けることも考えています。

ゼミの学生に対して望むこと

本ゼミは、ゼミ生が主体となって運営することを想定しており、また、ゼミの時間外に、報告等の準備をするほか、刑法に関連する現場の見学・傍聴を行うことも考えている(これまでにゼミで行ったことのある場所として、たとえば、刑務所、裁判所、警視庁)ため、ゼミに積極的に参加できる人を希望します。
ゼミでは、ゼミの時間の内外におけるいろいろな機会を利用して、他人ではなく自分が何を望んでいるのかを見出し、それぞれがなんらかの理想・目標を持ってゼミをそれに近づいてゆく一助としてください。このような自己決定の過程で、その人なりの魅力のある雰囲気を形成していってくれることを望みます。

その他

学問・勉強(とくにゼミ)においては、扱う内容を他人事としてではなく自分に関係することとして捉え、好奇心をもって取り組んでください。また、ある意見に賛同する人数の多い少ないでその意見の良し悪しが決まるわけではなく、意見はあくまでもその人の性格の表れですので、いろいろな場で積極的に疑問を投げかけ、自分の意見を述べてみてください。

Read more