MENUCLOSE

法学部ゼミ紹介(箕輪ゼミ)

Read more

専門演習 自治体研究

コース34 教員:箕輪 允智

ゼミの内容

今住んでいる自治体と以前住んでいた自治体はどのようなところが同じで、何が違うのだろうか。

自治体ではどのように政策が作られるのだろうか。

自治体行政の組織はどのように運営されているのだろうか。

議会との関係はどのようなものか。

このように、地方自治体の運営を巡って様々な疑問があるのではないかと思います。このゼミでは学生が関心を持つ自治体(住んでいる(いた)自治体、将来的な移住やそこへの就職を考えている自治体)について、歴史、組織管理、財政、政治動態、個別政策などの視点から調査し、当該自治体、ひいては日本の自治体の在り方を考えていこうとするものです。

自治体の「どうなってるの?」を一つ一つ読み解く試み。結構楽しいものですよ。

特徴・雰囲気・特別活動等について

3年前期は共通する題材(2017年は「東京都」・2018年は「港区」)をテーマにディスカッションを中心に、その後は各自が関心のある自治体を設定し、具体的な調査活動に入っていきます。

夏休みには他大学ゼミと合同での調査・合同ゼミを開催し、いつもとは異なる場所・人と共に学習し、刺激を得る機会を持っています。(2017年度は3大学3ゼミ合同で北海道ニセコ町合宿を開催)
 

ゼミの学生に望むこと

参加学生は主体的な参加が求められます。

一緒に取り組む課題、個人で取り組む課題について積極的に取り組むだけでなく、ゼミで分担する係の任務を全うすること、ゼミ対抗発表会に積極的に取り組むこと、合宿や見学等のイベントへの積極的に参加していくことでより得るものは大きくなっていくことでしょう。

Read more