1. Home ホーム
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 教育の質向上への取り組み
  5. 高等教育推進センター
  6. 平成30年度TA/SA FD研修会を開催しました
MENUCLOSE

平成30年度TA/SA FD研修会を開催しました

Read more

 本研修会は、継続的な教育改善の取り組みの一環で、TA(ティーチング・アシスタント)として教員の授業補助にあたる学生を対象に、毎年度春学期に実施しています。川越・板倉キャンパスでは、TAに加えてSA(スチューデント・アシスタント)も参加対象とし、理系科目特有の役割や業務について、TA・SAの共通理解を深める機会としています。

 今年度の研修会は、4月14日(土)(朝霞キャンパスは4月18日)、計137名の参加者のもと、各キャンパスのFD担当教職員の運営により、第1部「FDとTAの役割について」、第2部「グループ討論・質疑応答」の二部構成で開催されました。

 第1部では、教員よりTA・SAの役割や業務内容について説明がなされ、アカデミック・ハラスメントの防止や個人情報の取扱いについて言及されました。白山キャンパスと川越キャンパスは、参加者数が多いことから、responを用いて内容の理解度チェックを実施しました。続いて、第2部のグループ討論では活発に意見交換がおこなわれました。

 高等教育推進センターは引き続きTA・SAと教員の協働を推進すべく、ファカルティ・ディベロップメントに努めて参ります。


〈参加者アンケートで寄せられた声〉

  • 実際に想定される問題について、事前に予想しておく機会が設定されていて、始める前に参考になった。

  • ハラスメントの点が最も学ぶことができました。ハラスメントの加害者にならないためには、授業で得た個人情報を絶対に第三者に漏らさないことなどの注意事項があることや教員からアカハラにあったら、必ず記録しておくことが重要であることが分かりました。


〈白山キャンパス〉

白山1白山2白山3

〈川越キャンパス〉

川越1川越2川越3

〈板倉キャンパス〉

板倉1板倉2板倉3

Read more