これまでの歩み

1880年~ 哲学館からの出発

1887(明治20)年
  • 東洋大学の前身として「私立哲学館」が創設される
    哲学館が開館された麒祥院
    CHECK POINT
1888(明治21)年
  • 哲学館に通学できない者のために通信教育の制度を設ける
1889(明治22)年
  • 哲学館の校舎を新築

1900年~ 東洋大学の誕生

1903(明治36)年
  • 私立哲学館大学と改称する
1904(明治37)年
  • 哲学堂落成(昭和19年に東京都へ寄附する)
1906(明治39)年
  • 私立東洋大学と改称する
    CHECK POINT
1916(大正5)年
  • 女子の入学を許可する
    CHECK POINT
1919(大正8)年
  • 創立者井上円了、大連(中国)にて客死する
1928(昭和3)年
  • 大学令による東洋大学の設置が認可される
1937(昭和12)年
  • 創立50周年を迎える
    50周年

1945年~ 総合大学としての東洋大学

1949(昭和24)年
  • 新制大学に移行し、文学部を設置
    CHECK POINT
1950(昭和25)年
  • 経済学部、短期大学部を設置
1952(昭和27)年
  • 法経学部、大学院文学研究科を設置
1956(昭和31)年
  • 法学部を設置
1959(昭和34)年
  • 社会学部を設置
1961(昭和36)年
  • 川越キャンパスを開設し、工学部を設置
    川越キャンパス開設
    CHECK POINT
1964(昭和39)年
  • 通信教育部を設置
1966(昭和41)年
  • 経営学部を設置
1977(昭和52)年
  • 朝霞キャンパス開設
    朝霞キャンパス

1980年~ 現代の東洋大学

1987(昭和62)年
  • 創立100周年記念式典を挙行
    100周年ロゴ
1990(平成2)年
  • 井上円了記念学術センターを設置
1992(平成4)年
  • 白山キャンパス1号館完成
1994(平成 6)年
  • 工学部で10月入学制度を導入。白山キャンパス2・3号館完成
1996(平成 8)年
  • バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターを設置
1997(平成 9)年
  • 板倉キャンパス開設、国際地域学部・生命科学部を設置
2002(平成14)年
  • 白山キャンパス甫水の森が完成
2003(平成15)年
  • 白山キャンパス井上記念館が完成
    白山キャンパス井上記念館
2004(平成16)年
  • 法科大学院(専門職大学院法務研究科法務専攻)を設置
2005(平成17)年
  • 白山キャンパス6号館完成、文系5学部の一貫教育開始
  • 朝霞キャンパスにライフデザイン学部を設置
  • 井上円了記念博物館が完成
    井上円了記念博物館
2006(平成18)年
  • 白山第2キャンパス開設し、法科大学院が移転
  • 経済学研究科公民連携専攻設置
2007(平成19)年
  • 学際・融合科学研究科バイオ・ナノサイエンス融合専攻設置
2009(平成21)年
  • 工学部を再編し理工学部を設置
  • 川越キャンパスに総合情報学部を設置
  • 国際地域学部を白山第2キャンパスに移転
2010(平成22)年
  • 川越キャンパス7号館、板倉キャンパス5号館完成
    川越キャンパス
    板倉キャンパス
2011(平成23)年
  • 東洋大学総合スポーツセンター(東京都板橋区)完成
    東洋大学総合スポーツセンター
  • 学校法人京北学園と法人合併し、
    京北中学校、京北高等学校、京北学園白山高等学校、京北幼稚園を併設校とする